最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

水防訓練(5月30日)

雨の日が多くなる時期を目前に控えた5月30日、水防訓練が西一色地内の境川堤防で行われました。豪雨などにより境川から逆流、堤防から越水する恐れがあるとの想定で実施された今回の訓練には、消防団や自主防災会など、11団体324人が参加。訓練では、土のうを作成し、積み上げる水防工法訓練や、尾三消防本部特別救助隊による、川の中州に取り残された人をボートとはしご車を使って救出する訓練などが実施されました。参加者たちは、いつ起きても不思議ではない東海地震や最近多発する「ゲリラ豪雨」と呼ばれる集中豪雨などにより発生が危惧される、さまざまな災害に対し気を引き締めながら訓練を実施しました。訓練後は、女性消防団が炊き出し訓練で作った非常食の炊き込みご飯が参加者に配られました。

写真:団員による「月の輪」工法の説明 写真:みんなで協力して作った土のうを使って 写真:中州に取り残された人を救出 写真:女性消防団の皆さんによる炊き出し訓練

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る