最終更新日:2013年12月10日

ここから本文です。

平成20年第3回三好町議会定例会

写真:開会のあいさつをする久野知英町長

三好町長
久野知英

町長あいさつ

おはようございます。
開会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

本日ここに、平成20年第3回三好町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には、何かとご多用の中、ご出席を賜り、開会できますことを厚くお礼申し上げます。

議会におかれましては、7月上旬から各常任委員会、および特別委員会の行政調査を実施され、それぞれの所管事項につきまして幅広く調査、研究をいただきました。調査、研究されました内容につきましては、いずれもこれからのまちづくりを推し進めるにあたり、参考となる貴重な情報と存じます。さまざまな機会を通じ、ご指導くださいますようお願い申し上げます。

福田首相が9月1日に突然、辞任する考えを表明されました。総裁選の日程も決定され、後継者の選出に向けた動きが慌ただしくなっています。国政運営に関わる極めて重大な局面であり、今後の動向に注視してまいりたいと存じます。

去る8月8日から世界のスポーツの祭典であります「北京オリンピック」が開催され、各競技において、熱戦が繰り広げられました。
わが町からは「陸上競技ハンマー投げ」の室伏広治選手と「男子サッカー」の吉田麻也選手が出場され、競技当日は、総合体育館に開設いたしました「オリンピック出場選手応援会」の会場において、皆さまとともに応援させていただきました。競技に集中され懸命に闘われる姿は、応援された多くの皆さまに大きな「感動と勇気」を与えてくれました。両選手のご健闘をたたえるとともに、今後のさらなる飛躍を期待いたします。

さて、三好の夏の風物詩としてお楽しみいただいています「三好池まつり」「いいじゃんまつり」「大提灯まつり」は、大きな事故もなく、また心配いたしました天候も回復し、いずれのまつりも町内外からの多くの皆さまでにぎわい大盛況でありました。
まつりを通じて“活気と活力のみなぎる三好”を広くアピールできたものと思います。まつり実行委員会をはじめ、まつり運営にご尽力いただきました皆さまに深く感謝申し上げます。

8月31日には「三好町防災訓練」を実施いたしました。訓練には議員各位をはじめ、多くの皆さまのご参加をいただき、大規模地震の発生を想定した訓練に取り組んでいただきました。
災害を最小限に止めるためには、皆さまお一人お一人に防災に関する「知識」を習得いただくとともに、自らできる「備え」を講じていただくことが大切です。訓練を通じて、体験いただいた災害時における対処・対応の方法などを、いざというときに役立てていただければと思います。
なお、民間木造住宅の耐震診断につきまして、該当される皆さまに対し、耐震診断の必要性を積極的に啓発していくため、本年9月より、まずは、人口が集中し耐震診断の必要な住宅が多くあります東陣取山・西陣取山・東蜂ケ池地区を対象に行政区、商工会建設部会、建設連合会そして工和会の皆さまのご協力をいただきながら第1回目の「民間木造住宅耐震診断ローラー作戦」を展開しております。耐震診断の結果、耐震改修が必要な皆さまには耐震改修補助制度のご紹介をしながら耐震改修をお勧めしてまいります。

8月28日から29日にかけて東海地方の各地で記録的な大雨「平成20年8月末豪雨」に見舞われました。わが町におきましても、大雨洪水警報の発令後、速やかに非常配備体制を取り、町内の危険個所を巡回するなど災害に備えました。幸いにして被害はございませんでしたが、テレビなどで報道される近隣市町の災害状況を目のあたりにするにつけ、あらためてゲリラ豪雨の恐ろしさを痛感したところです。
今後も、震災対策そして大雨対策の一層の充実・強化を図り“安全で安心なまちづくり”に取り組んでまいりますので、皆さまにおかれましても、日ごろから非常用備品の点検や避難場所の確認など自らできる「備え」を心掛けてくださるようお願いいたします。

市制の施行に向けた「三好市」の名称使用につきましては、私はじめ町職員が再三にわたり、徳島県三好市を訪問し「三好市」という同一名称の使用についての熱意をお伝えしてきたところであります。こうした中、議会まちづくり特別委員会、そして市制施行名称等検討委員会委員長、商工会長、工業経済会長、愛知中央青年会議所理事長の皆さまにも三好市を訪問いただき、友好交流を視野に入れた中での同一名称の使用についてお力添えをいただき厚くお礼申し上げます。
今後も各層の皆さまの力強いご支援とご協力をいただきながら「三好市」という名称について精力的に取り組んでまいります。

さて、今定例会に提出いたします議案は、

  • 条例の一部改正 4件
  • 字区域の設定 2件
  • 三好町土地開発公社定款の変更 1件
  • 平成20年度補正予算 5件
  • 委員の選任 2件
  • 平成19年度決算認定 10件
  • 委員の推薦 2件
  • 専決処分の報告 1件
  • 平成19年度健全化判断比率などの報告 1件
  •  経営状況および繰越明許費の報告3件

の28案件であります。

補正予算計上させていただいた主な事業は、なかよし保育園建替建設工事の実施設計委託、各行政区から要望のありました道路安全施設設置事業や道路改良事業など皆さまの安全確保に配慮した事業であります。

各議案の詳細につきましては、後ほど、副町長ほか担当部長よりご説明を申し上げます。
最後になりましたが、今定例会に提出いたします各議案につきまして、慎重審議のうえ、原案どおり可決、認定をいただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。

お問い合わせ

部署名:政策推進部秘書課  

電話:0561-32-8032

ファクス:0561-34-6008

メールアドレス:hisho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る