最終更新日:2013年12月10日

ここから本文です。

平成20年第2回三好町議会定例会

写真:開会のあいさつをする久野知英町長

三好町長
久野知英

町長あいさつ

おはようございます。
開会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
本日ここに、平成20年第2回三好町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとご多用の中、ご出席を賜り、開会できますことを厚くお礼申し上げます。

去る5月24日に開催いたしました 「町制施行50周年記念式典」には、議員各位をはじめ、町内外から多くの皆さまのご臨席をいただき、誠にありがとうございました。
わが町の伸展に多大なるご功績を残された皆さま方に感謝するとともに「ふるさと三好」の変遷の歴史を振り返っていただく契機としていただけたものと思います。
現在「ふるさと三好」のさらなる伸展を目指し、将来を見据えたまちづくりの指針となる第6次総合計画の策定に取り組んでいます。
また、地域の特性や特色を生かしたまちづくりを推し進めるためには、基礎自治体としてさらなる自治力の強化が必要であることから「市制」の施行を決断し、市制施行に向けた準備を進めています。
町制施行50周年を迎えた本年度を「市」として新たな歴史を創造する基礎固めとの年と位置づけ、皆さまに「住み続けたいまち」との評価がいただけるよう“夢と緑と活力あるまち”づくりに全力を傾注してまいりますので、議員各位をはじめ町民の皆さまの温かいご理解とご協力をお願いいたします。

さて、東海地方も梅雨入りし、集中豪雨や台風による災害の発生が危惧される時季を迎えました。
去る5月25日に、水害応急対策活動の迅速化と水防体制の確立、そして防災意識の高揚を目的とした「水防訓練」を、議会、区長会、消防団をはじめ、防災関係機関の皆さまの参加と協力をいただき実施いたしました。
訓練を通じ水防工法の習得や防災意識の再確認をしていただけたものと思います。わが町におきましては、幸いにして、ここ数年、集中豪雨や台風による大きな風水害、そして危惧されている地震災害は発生いたしておりませんが、国内外において自然の猛威による極めて甚大な災害が頻発しています。
先のミャンマーのサイクロンや中国の四川大地震において、学校や民家の倒壊などにより多くの尊い生命が犠牲となられました。被災地の皆さまに対し、心からお悔やみとお見舞いを申し上げるとともに一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

自然の猛威を避けることは出来ませんが、備えることにより被害を最小限に止めることは可能であります。町といたしましても、計画的な公共施設の耐震化や皆さまの住宅耐震化の支援に努めてきたところでありますが、悲惨な災害を目のあたりにするにつけ、あらためて早急な対応の必要性を痛感するところであり、災害時における防災活動の拠点となる役場庁舎の早期整備に取り組むため、今議会に庁舎新築工事基本設計業務委託を計上させていただきました。
今後も緊急時における災害に関する情報の発信に努めるとともに、地域の防災組織と連携を図りながら、防災体制の強化・充実に取り組んでまいりますが、被害を最小限にくい止めるためには皆さま、お1人おひとりが防災意識を再認識いただき、日頃から緊急時に備えていただくことが大切です。
自らできる「備え」を施していただき、緊急時におきましては、災害に関する情報に注意を払っていただくとともに、地域あるいはお隣との連携・共助による身の安全確保をお願いいたします。

防犯に目を移しますと、豊田市内で発生した女子高校生殺害事件など全国各地で心を痛める惨忍な事件が発生しており、極めて憂慮すべき状況にあります。
町におきましては、児童・生徒に対する安全な登下校のための指導の徹底、教育委員会による防犯パトロールや教職員による校区巡回の強化、近隣市町との共有による不審者情報の配信など、児童・生徒が犯罪に巻き込まれないよう防犯体制の見直し、強化をしております。
各地域におきましても、防犯パトロール隊の皆さまによるパトロールの強化など地域ぐるみの防犯活動を展開いただいております。

防災そして防犯には「地域の力」が大きな役割を担います。わが町では、現在、各地区で開催されています「地区体力づくり事業」をはじめ、地域ふれあい事業や交流事業を積極的に展開いただいており、こうした事業を通じて、地域の連帯感やコミュニティ意識が一層高まり、災害時における共助体制や防犯体制強化の大きな力、すなわち「地域力」がさらに育まれるものと確信しております。
今後とも、豊田警察署や地区防災組織、尾三消防本部や消防団、そして地域の皆さまと一体となって「安全で安心なまち」づくりを推し進めてまいりますので、ご協力をお願いいたします。

さて、スポーツの祭典である「北京オリンピック」が来る8月8日に開幕します。
4年前の「アテネ大会」の男子ハンマー投げ競技において、本町に在住される室伏広治選手が、日本中の大声援に応え、見事「金メダル」を獲得されました。地元の皆さまと一緒に熱き声援を、そして大歓声を上げたことを鮮明に思い起こします。
北京オリンピックでの室伏選手はじめ、日本選手のご活躍を町民の皆さまとともに応援してまいりたいと思います。

さて、今定例会に提出いたします議案は、

  • 条例の一部改正 7件 
  • 一般会計補正予算 1件
  • 工事請負契約の締結および物品の買い入れ 3件
  • 町道路線の認定 1件
  • 固定資産評価審査委員会の委員の選任 1件
  •  経営状況および繰越明許費の報告 3件

の議案12件、同意1件、報告3件であります。
上程いたしました各議案の詳細につきましては、後ほど、副町長以下担当部長よりご説明を申し上げます。

最後になりましたが、今定例会に提出いたします各議案につきまして、慎重審議のうえ、原案どおり可決、承認をいただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。

お問い合わせ

部署名:政策推進部秘書課  

電話:0561-32-8032

ファクス:0561-34-6008

メールアドレス:hisho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る