みよし市ホームページ > 市役所の組織 > 市民協働部税務課 > 「あいち森と緑づくり税」について

最終更新日:2020年7月16日

ここから本文です。

「あいち森と緑づくり税」について

愛知県では、「山から街まで緑豊かな愛知」を目指し、森と緑を守り育てるための事業を行うため、平成21年度から「あいち森と緑づくり税」を導入しました。

この「あいち森と緑づくり税」の課税期間については、平成30年度までとしておりましたが、令和5年度まで5年間延長することとなりました。

環境保全や災害防止などのさまざまな働きを通じて私たちの快適な暮らしを支えてくれている森と緑を健全な状態で将来に引き継いでいくために、皆さまのご理解とご協力をお願いします。

「あいち森と緑づくり税」の概要

「あいち森と緑づくり税」の概要は次のとおりです。

個人の場合

平成21年度分から令和5年度分までの15年間、県民税均等割1,000円に「あいち森と緑づくり税」500円を加えて徴収します。

 

平成20年度まで

平成21年度から

県民税均等割

年額1,000円

年額1,500円

市民税均等割

年額3,000円

年額3,000円

合計(市県民税均等割)※

年額4,000円

年額4,500円

注意)平成26年度からの市県民税均等割については、東日本大震災の教訓を踏まえた緊急防災・減災事業を推進するため、県民税均等割・市民税均等割が500円ずつ引き上げられ、年額5,500円となっています。

法人の場合

愛知県内に事業所を有する法人は、平成21年4月1日から令和6年3月31日までの間に開始する各事業年度分から、県民税均等割額の5%相当額(1,000円から40,000円)を、県民税均等割額に加算して、申告納付していただきます。

「あいち森と緑づくり税」の使いみち

「あいち森と緑づくり税」を活用し、森林(人工林)、里山林、都市の緑をバランスよく整備、保全していきます。

森林

(人工林)

手入れ不足の森林の間伐を行い、下草や低木が育ち、公益的機能を発揮する森林を育みます。
里山林 放置された里山林の再生や地域のニーズを活かした整備を進めます。
都市の森 都市に残る緑を保全したり、市街地での緑化を推進します。

森と緑づくりにつながる取組み

市町村やNPOなどが行う、森林、里山、都市における環境保全活動、環境学習活動を支援します。

公立小中学校に愛知県産の木材を使用した机・椅子の導入を進めます。

「あいち森と緑づくり税」に関するお問合せ先

税の仕組みに関すること

愛知県豊田加茂県税事務所

電話0565-32-7482

税の使いみちに関すること

森林・里山林に関すること

愛知県農林水産部 森林保全課 森と緑づくり推進室

電話052-954-6455

ホームページhttp://www.pref.aichi.jp/shinrin/mori-midori/

都市の緑に関すること

愛知県建設部 公園緑地課

電話052-954-6526

環境活動・学習に関すること

愛知県環境部 環境活動推進課

電話052-954-6241

ページの先頭へ戻る