• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

最終更新日:2016年7月13日

ここから本文です。

パブリックコメント結果公表

  意見募集結果の公表

 意見募集案件


 【案件名】  第四次行政改革大綱<素案>

 【募集期間】 平成17年12月15日(木)から平成18年1月13日(金)まで

 【担当課】  財政課

        電話 32-8002

        FAX 32-2165

        電子メール zaisei@town.aichi-miyoshi.lg.jp

 

 意見募集の結果について


  本町では、これまでも行政改革に取り組んできましたが、「町を取り巻く急激な社会経済環境の変化」「単独のまちづくりの推進」「健全な行財政の運営」などに対応するため、さらなる改革を進める必要があります。

  そして現在、計画期間を平成18年度から平成22年度までの5年間とする新たな行政改革大綱の策定に向け、検討を進めております。この行政改革大綱は、新たな基本方針を定め、具体的な目標を掲げ、着実な取組の推進を図ることとし、毎年度その取組状況を公表するものです。

  過日、第四次行政改革大綱(三好町行政改革戦略プラン)の素案を公表し、意見募集した結果、7件の貴重なご意見をいただきました。

 ここに、寄せられました意見と意見に対する町の考え方を公表します。

寄せられた意見と町の考え方


番号 意見 件数 町の考え方(対応)
「見直し」事項、「推進」事項が項目で提示されているが、「見直し」事項については、既に検討されていなければならないと言う項目も散見され、実施にあたっては順序立ても必要かと考える。

今までも、見直しを実施してきた項目もありますが、さらなる見直しが必要な事項については、第四次行政改革大綱において、引き続き見直しを実施していきます。

なお、第四次行政改革大綱で定める74の個別取組事項については、それぞれ目標年度を明示していきます。

個別取組事項については、具体的な項目・大約な項目が混在しているのではないか。 個別取組事項については、できる限り具体的に記載するよう努めていますが、中には見直し等の中身を今後検討していくものもあり、表現に差異があります。
青少年ホームのあり方の検討-中央公民館、歴史民俗資料館、中央図書館、サンアートなど既存建物との一連の管理運営の見直しで良いのではないか。 全ての公共施設について、見直しを行いますが、特に、勤労青少年ホームについては老朽化しているので、早急に検討が必要と考え、個別に取組を掲げたものです。

1-②-ア、1-②-イ、1-②-エに「高齢者の活用」項目があっても良いのではないか。

高齢者に特定することなく、すべての世代を含めた地域における「協働」を進めていきたいと考えています。

なお、「高齢者の活用」については、平成18年3月に策定する「三好町地域福祉計画」の中でも検討していきます。

素案27ページ、2-③-ア「行政評価による施策・事務事業の見直し」に「行事」という字句が欲しい。

各種行事の開催は事業の一つであり、「行事」の見直しも事務事業の見直しの中で行っていきます。

広く町民(専門知識保有者)から意見を集める方がベターなケースも考えられるので、それらも視野にいれた取組が望まれる。 個別取組事項の中で、ご意見をいただくかどうか検討していきます。
素案38ページ「歳出の抑制と歳入の確保」の個別取組事項「前納報奨金制度の見直し」と素案39ページの個別取組事項「町税の収納率の向上、(仮称)三好町納税推進員の設置」は相反する項目かと思われるが、良い施策は是非継続していただきたい。

「安定した行政運営のための財政の見直し」の一環として、歳出の抑制のために「前納報奨金制度の見直し」を行い、また、歳入の確保のために「町税の収納率の向上、(仮称)三好町納税推進委員の設置」に取り組むものです。

お問い合わせ

部署名:政策推進部企画政策課  

電話:0561-32-8005

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:kikaku@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る