• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

最終更新日:2016年11月1日

ここから本文です。

みよし市の行政評価

  • みよし市では、平成14年度に行政評価システムの構築に着手し、平成15年度からモデル事業による「事務事業評価」を試行し、平成17年度から事務事業の上位目的に位置づけられる「施策」を評価する「施策評価」を試行しました。
  • 平成18年度からすべての事務事業を対象にした「事務事業評価」と「施策評価」を一体的に実施しています。

行政評価の導入目的

  • 本市では、行政評価制度を「行政評価システム」と呼んでいます。
  • この行政評価システムは、市総合計画を着実に推進するため、各施策の進行管理をすること、本施策の市民への説明責任を果たすこと、さらには職員の意識改革をすることを目的とし、平成18年度から導入しています。

行政評価の概要

  • 本市の行政評価システムは、市総合計画における分野別計画の体系とリンクさせた評価体系(目的と手段の関係によって“政策―施策―基本事業―事務事業”の体系)により整理し、評価しています。

    ≪評価体系イメージ図≫

    みんなで築く「ささえあい」と「活力」の都市(まち)

評価体系イメージ図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施策評価とは

  • 施策とは、総合計画において基本目標として掲げた6項目の政策を実現するための具体的方策です。
  • 施策評価とは、総合計画の施策の大綱に合わせた22の施策に区分して、達成度・貢献度・優先度の観点から評価を行うことです。

市の取り組みに対する重要度、満足度に関するアンケート(行政評価アンケート)

市の各施策について、アンケートを通じて市民の皆さまから重要度、満足度を調査し、施策評価を行う際の判断材料としています。
行政評価アンケート結果についてはこちらからご覧いただけます。

事務事業評価とは

  • 事務事業とは、施策の目的を実現するために実施する具体的な行政活動のことです。
  • 事務事業評価とは、目的妥当性・有効性・効率性・公平性の視点から事業内容や目的を点検し、事業コストを分析するなど事務の効率化や市民サービスの向上を図るための効果について評価を行うことです。

外部評価

  • 事務事業評価の客観性を高めるため、市職員以外の外部の有識者で構成する「みよし市行政評価委員会」により行政外部の視点から評価を実施しています。

 

行政評価の結果

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:政策推進部企画政策課  

電話:0561-32-8005

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:kikaku@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る