• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > 組織から探す > 市民協働部市民課 > 「通知カード」、「マイナンバーカード」について

最終更新日:2016年11月10日

ここから本文です。

「通知カード」、「マイナンバーカード」について

平成25年5月に「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用などに関する法律」が公布されました。平成27年10月から、日本国内に住民票がある方に通知される、一人一人異なる12桁の番号を個人番号(マイナンバー)といいます。
また、法人には一法人一つの法人番号(13桁)が指定されます。

 

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘および個人情報の取得にご注意ください。

 ・マイナンバーの通知や利用、マイナンバーカードの交付の手続きなどで、国の関係省庁や地方公共団体などが電話や訪問により、口座番号や口座の暗証番号、所得や資産の情報、家族構成や年金・保険の情報を聞いたり、お金やキャッシュカードを要求したりすることは一切ありません。

 ・ATMの操作をお願いすることも一切ありません。 こうした内容の電話や手紙、訪問には応じないでください。

 ・マイナンバーは、「通知カード 個人番号カード交付申請書 在中」、「転送不要」と赤字で書かれた封筒に入って、簡易書留で各世帯に世帯主宛に郵送されます。普通郵便でポストに入れられることはありません。

 ・郵便局の配達員が各家庭を訪問して送付しますが、配達員が代金を請求したり、口座番号などの情報を聞いたりすることもありません。

マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等には十分に注意してください。
マイナンバー制度について(広報みよし平成27年9月1日号特集ページ)     マイナちゃん 「社会保障・税番号制度の広報用キャラクター」マイナちゃん

マイナンバーカードの交付が始まります(広報みよし平成27年12月1日号特集ページ)


 

通知カード

 

平成27年10月下旬以降、12桁のマイナンバーが記載された「通知カード」が住民票のある住所地の世帯主宛に簡易書留で送付されました。

※転送不可の郵便で送付されるため、郵便の転送手続きをされていると、転送されませんのでご注意ください。

また、平成27年10月5日以降に出生したお子様の分や、海外から転入された方、紛失等により再発行申請をされた方の通知カードに関しては、全国の市区町村が地方公共団体情報システム機構に作成依頼をしておりますので、お手元に届くまでに1ヵ月程かかります。

通知カード(見本)

通知カードには、「氏名」、「住所」、「性別」、「生年月日」、「個人番号」が記載されています。
通知カードは児童手当や介護保険の申請時などマイナンバーを掲示する手続きなどで必要となりますので、大切に保管してください。また、婚姻や転居など通知カードに記載されている氏名や住所に変更があった場合、裏面への変更記載が必要になりますので、市民課窓口まで持参してください。


通知カードには「個人番号カード交付申請書」が同封されていますので、平成28年1月以降、「マイナンバーカード」の交付を希望される方は申請をお願いいたします。

通知カードおよび個人番号カード交付申請書

通知カードの返戻について

通知カードを受け取れなかった場合の再配達等の方法の詳細については、投函された不在配達通知書(不在連絡票)をご確認ください。

 

 郵便局の保存期間(一週間)経過により配達できなかった通知カードや、その他の理由により配達もしくは受け取れなかった通知カードはみよし市に返戻され、一定期間(3か月程度)保管することとなります。一定期間を経過した場合は、通知カードは処分することとなり、処分後の再交付については再交付手数料(500円)が必要となりますので、ご注意ください。

 ※通知カードは世帯主宛てに世帯単位で転送不可の簡易書留で配達されます。郵便局に郵便物の転送の手続きをされている方や、郵便局で住所確認ができなかった方などは、通知カードが配達されず、市役所へ返戻されることとなりますので、ご注意ください。

 

 

 市役所へ返戻された通知カードについては一定期間保管中の間、次の本人確認書類をご持参の上、市民課の窓口へ来庁していただければ、通知カードを受け取ることが可能です。

 

 

 

 本人の場合(住民登録上、同一世帯人でも受け取りが可能です。)

 

 (ア)1点でよいもの

  ・運転免許証、旅券、写真付き住民基本台帳カード、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)、身体障害者手帳、在留カード(顔写真付き)、特別永住者証明証など。

 (イ)2点必要なもの

  ・地方公共団体が交付する敬老手帳、生活保護受給者証、健康保険証、介護保険証、医療受給者証、各種年金証書、民間企業の社員証、学生証などで、氏名及び生年月日、もしくは氏名及び住所が記載されているもの。

 

 代理人の場合

  (1)本人の本人確認書類(上記(ア)もしくは(イ))

  (2)代理人の代理権を証明する書類(法定代理人の場合は戸籍謄本等【みよし市に戸籍があり確認できれば不要】、法定代理人以外は委任状

  (3)代理人の本人確認書類(上記(ア)もしくは(イ))

 

※総務省の通知カードに関するページはこちら。

マイナンバーカード 

平成28年1月から、マイナンバーカードの交付が開始されています。

マイナンバーカードは「氏名」、「住所」、「性別」、「生年月日」、「個人番号」に加え、「本人の顔写真」が掲載される、本人確認にも利用できる公的な身分証明書です。
マイナンバーカードは、身分証明書としての利用のほかに、e-Taxや電子申請などの各種申請、コンビニでの住民票等の行政証明書取得(利用者証明用電子証明書が搭載されている必要があります。)、また健康保険証としての活用など、今後さまざまな分野での活用が検討されています。

 なお、マイナンバーカードの作成は任意となります。

個人番号カード
マイナンバーはカードの裏面に記載されますが、法律で認められた場合を除き、マイナンバーカードの裏面をコピーすることなどは法律違反になるので注意してください。
なお、マイナンバーカードに搭載されるICチップには、券面に書かれている情報のほか、電子申請のための電子証明書が記録されますが、所得の情報や病気の履歴などのプライバシー性の高い個人情報は記録されません。そのため、マイナンバーカードから全ての個人情報が分かってしまうことはありません。

 

マイナンバーカードの交付を希望する方は申請が必要となります。通知カードに同封されている申請書を郵送、またはオンラインで申請してください。

カードが出来た旨をお知らせする通知書を市役所より郵送しますので、通知カードと引換にマイナンバーカードを交付します。住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの方は、マイナンバーカード交付の際に返却してください。

なお、住基カードは有効期限内までは利用可能ですが、マイナンバーカードと住基カードの両方を所有することはできません。

 

※総務省のマイナンバーカードに関するページはこちら。

 

よくある質問と回答

 マイナンバーカードや通知カードなどについて、よくある質問と回答を掲載しましたのでご覧ください。

 

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)関連サイトについて

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の詳細については下記のサイトに掲載しておりますのでご覧ください。

 マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構)

 地方公共団体情報システム機構によるマイナンバーカードに関する総合サイトです。

 10月5日以降、郵便局への通知カード等の差出し状況が確認できます。

総務省

 マイナンバーとは、通知カード、マイナンバーカード、コンビニ交付、住基カードをお持ちの方へ、等について説明するサイトです。

政府広報オンライン

 社会保障・税番号制度(マイナンバー)

 個人の皆さま向け、事業者の皆さま向けにマイナンバーについての詳細を説明しています。

内閣官房

 マイナンバー社会保障・税番号制度

 社会保障・税番号制度とは、事業者のみなさまへの説明、地方公共団体のみなさまへの説明や、よくある質問、関係法令、個人情報の保護についての情報を提供しています。

 厚生労働省

 社会保障分野へのマイナンバー制度の導入に関して、事業主のみなさまへ、地方公共団体のみなさまへ、医療保険者等のみなさまへ、特定個人情報保護評価書についての情報を掲載しています。

国税庁

 国税の番号制度に関する情報、法人番号について、最新の国税に関する情報を掲載しています。

特定個人情報保護評価委員会

 マイナンバーに関する個人情報の保護措置及びその解釈について、具体例を用いて解説したガイドラインなど、特定個人情報保護に関する情報を掲載しています。

 

 

マイナンバー総合フリーダイヤルが開設されました

0120-95-0178 (無料)

「通知カード」「マイナンバーカード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。

音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

 

対応時間 平日 午前9時30分から午後10時00分まで

       土日祝 午前9時30分から午後5時30分まで(年末年始12月29日から1月3日を除く)

 

 

 ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

 

    マイナンバー制度に関すること          050-3816-9405

    「通知カード」「マイナンバーカード」に関すること 050-3818-1250

 

 ※英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語対応のフリーダイヤル

    マイナンバー制度に関すること          0120-0178-26

    「通知カード」「マイナンバーカード」に関すること 0120-0178-27

    (英語以外の言語については、平日午前9時30分から午後8時00分までの対応となります。) 

 

外国人の方への案内(For Foreign Residents)

ホームページ(HP)

 英語(English)版

 中国語(簡体字)版

 中国語(繁体字)版

 韓国語(한국어)版

 ポルトガル語(Português)版

 スペイン語(Español)版

チラシ

 英語(English)版(PDF:202KB)

 中国語(簡体字)版(PDF:241KB)

 中国語(繁体字)版(PDF:285KB)

 韓国語(한국어)版(PDF:291KB)

 ポルトガル(Português)語(PDF:255KB)

 スペイン(Español)語(PDF:254KB)

 ※マイナンバー概要周知文書(Other Languages)はこちら(26か国語) 「For Foreigners Registered as Residents in Japan」

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

よくある質問

お問い合わせ

部署名:市民協働部市民課  

電話:0561-32-8012

ファクス:0561-32-8048

メールアドレス:shimin@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る