最終更新日:2019年7月3日

ここから本文です。

介護保険料

介護保険は、社会全体で介護の負担を支え合う制度です。公費と40歳以上の皆さんに納めていただく保険料を財源に制度の運営をしています。

1.第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料の額

みよし市の第7期の介護保険料基準額は、月額4,040円です。

★平成31年度(令和元年度)介護保険料★

所得段階

対象者

基準額に

対する割合

保険料年額(保険料月額)

第1段階

生活保護を受けている人

世帯全員が市民税非課税で老齢福祉年金を受けている人

世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人

0.275

13,332円

(1,111円)

第2段階

世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円を超え120万円以下の人

0.525

25,452円

(2,121円)

第3段階

世帯全員が市民税非課税で、第1、2段階以外の人

0.725

35,148円

(2,929円)

第4段階

本人が市民税非課税で、世帯内に市民税の課税者がおり、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人

0.85

41,208円

(3,434円)

第5段階

本人が市民税非課税で、世帯内に市民税の課税者がいる人(第4段階以外の人)

1.00

48,480円

(4,040円)

第6段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が125万円未満の人

1.10

53,328円

(4,444円)

第7段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が125万円以上200万円未満の人

1.25

60,600円

(5,050円)

第8段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上500万円未満の人

1.50

72,720円

(6,060円)

第9段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が500万円以上800万円未満の人

1.70

82,416円

(6,868円)

第10段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が800万円以上の人

1.80

87,264円

(7,272円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★消費税率の改正により、住民税非課税世帯の平成31年度(令和元年度)介護保険料を軽減し、変更します★

消費税率の改定(8%から10%)により、住民税非課税世帯の経済的負担の軽減を目的として、国、県、市町村が必要な経費を負担し、介護保険料の軽減を実施します。

軽減の対象は、住民税非課税世帯となる(介護保険料所得段階)第1段階、第2段階、第3段階で、それぞれ下表のとおり変更となります。

保険料段階

平成30年度保険料

軽減する額

平成31年度(令和元年度)保険料

第1段階 16,968円 3,636円 13,332円
第2段階

31,512円

6,060円 25,452円
第3段階 36,360円 1,212円 35,148円

 

2.介護保険料の徴収方法

特別徴収(年金天引き)

年金の定期払い(偶数月年6回)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。特別徴収となる方は、年額18万円以上の老齢年金・退職年金・障害年金・遺族年金を受給している方。

普通徴収(納付書納付)

口座振替または納付書により年8回の納期(年度途中に転入、65歳到達した年度は年8回より少なくなります)で介護保険料を納めていただきます。特別徴収の対象とならない方はすべて普通徴収となります。

 

  • 介護保険料を納めないと自己負担(1割、2割または3割)が引き上げられたり、給付上の制限を受けることがあります。


お問い合わせ

部署名:福祉部長寿介護課  

電話:0561-32-8009

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:choju@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る