• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > 組織から探す > みよし市第6期高齢者福祉計画兼介護保険事業計画(案)のパブリックコメント結果について

最終更新日:2015年4月13日

ここから本文です。

みよし市第6期高齢者福祉計画兼介護保険事業計画(案)のパブリックコメント結果について

意見募集案件

案件名

みよし市第6期高齢者福祉計画兼介護保険事業計画(案)

募集期間

平成26年12月15日(月曜日)から平成27年1月23日(金曜日)まで

意見募集の結果について

本市では、これまで「第5期高齢者福祉計画兼介護保険事業計画」に基づき、介護保険および介護予防サービスの充実などに取り組んできました。引き続き、福祉・医療・介護の連携のとれた施策を進めていく必要があり、「地域包括ケアシステム」の構築に向けて、「第6期高齢者福祉計画兼介護保険事業計画」を策定したものです。

今回は、その計画案がまとまりましたので公表し、パブリックコメント制度により市民の皆さんからのご意見を募集しました。その結果、1人から2件のご意見をいただきました。ありがとうございました。

ここに寄せられた2件のご意見について、みよし市の考え方を公表いたします。

寄せられた意見とみよし市の考え方

 

意見の趣旨

市の考え方(対応)

1

老人クラブへの加入率が低いことを、とても心配しています。自助を増やすためには、老人クラブ活動の中に、地域との繋がりを大切にする取り組みが必要です。また、地域を見守るボランティア、安否確認で自宅から一歩でも外へ連れ出してくれる人を見つけて育ててほしいと思います。

 

老人クラブ活動の支援事業により、魅力のある多様なクラブ活動ができるように支援することなどで、老人クラブと市が協力しながら、加入率の向上を図ります。

平成29年度までに実施することとなる「介護予防・日常生活支援総合事業」において、NPOやボランティアなどの地域資源を有効に活用することが求められており、そうした中で、地域を見守るボランティアの育成などについても検討していきます。

2

高齢者が外出するためには、必ず交通手段を考えなければなりません。例えば、市とリース会社が契約をして、利用する際に一定の費用を負担することで、数人で乗り合いをして自宅から外出先までの送迎をする取り組みを実施していただきたいと思います。

高齢者を対象とした事業を実施する際には、より多くの方々に参加いただけるよう、可能な限り交通手段の確保に努めます。

市内の公共施設などに外出される際には、さんさんバスのご利用もお願いします。

また、タクシーによる乗り合いなどのご利用もお願いします。

ご提案いただいた市とリース会社が契約をする取り組みにつきましては、高齢者の社会参加の促進を図るにあたり、貴重なご意見として参考とさせていただきます。

よくある質問

お問い合わせ

部署名:福祉部長寿介護課  

電話:0561-32-8009

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:choju@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る