• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

最終更新日:2016年4月1日

ここから本文です。

母子家庭等支援給付金

母子家庭等自立支援給付金

母子家庭の母または父子家庭の父が、就職に役立つ技能や資格の取得のため各種講習を受講したり、各種学校などの養成機関で修業する場合などに、次の給付

金を支給し、母子家庭の母または父子家庭の父が自立を支援します。

(注)給付金を受けるには、所得制限があり、母子・父子自立支援員への事前相談が必要です。

 

給付金の種別

自立支援教育訓練給付金

高等職業訓練促進給付金

対象者

・児童扶養手当の支給をうけているか、同等の所得水準である者

・雇用保険法による教育訓練給付金の受給資格を有しない者

・当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要と認められた者

・過去にこの給付金を受けていない者

・児童扶養手当の支給を受けているか、同等の所得水準である者

・資格取得のための養成機関で2年以上修業する者

・修業または育児の両立が困難であると認められる者

・過去にこの給付金を受けていない者

対象講座・資格など

(1) 雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座

(2) 国が別に定める就業に結びつく可能性が高い講座

(3) 市長が対象とする講座

・看護師、准看護師

・介護福祉士

・保育士

・理学療法士

・作業療法士

・その他、市長が適当と認める者

給付額・給付期間

訓練終了後に対象講座の受講料の2割相当額

(上限10万、下限4万)

市民税非課税世帯  月額100,000円

             修了一時金50,000円

市民税課税世帯     月額70,500円

               修了一時金25,000円

給付期間   上限2年

※3年以上の修業の場合、3年目以降は母子・父子福祉資金等を

 活用(詳細は母子・父子自立支援員まで)

母子・父子自立支援プログラム策定事業

母子家庭の母または父子家庭の父の経済的自立と生活の安定を目指し、一人ひとりに合わせたプログラムを策定し、公共職業安定所と連携を図りながら、母子家庭の

母・父子家庭の父が継続的な就職ができるよう支援します。

対象者

・児童扶養手当受給者、または同様の所得水準

・配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律の被害者で、将来、児童福祉手当の受給が見込まれる者他

母子・父子自立支援プログラム策定から「自立支援就労促進費給付金」支給の流れ

1.母子・父子自立支援プログラム策定申込書の提出

・母子・父子自立支援員と2回以上の就労相談、または母子家庭自立支援教育訓練受講、もしくは母子家庭高等技能訓練受講

 

2.母子・父子自立支援員によるプログラムの策定

・プログラムを策定するため、第1回の面接をした日の翌日から、または訓練修了後、180日以内に1ヶ月につき16日以上かつ1週間につき30時間以上、また就労

開始から継続して90日間以上雇用されている(※離職前の事業主の再雇用、プログラムの策定日前に雇用を約束をした事業主に雇用されたものではないこと)

 

3.就労促進給付金の申請・請求

・上記のほか、すべての要件を満たしたものが申請、請求

・就労促進給付金20,000支給

 

よくある質問

お問い合わせ

部署名:子育て健康部子育て支援課  

電話:0561-32-8034

ファクス:0561-34-4379

メールアドレス:kosodate@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る