みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2019年6月 > ヨロコビ小学校訪問(黒笹小学校)(6月5日)

最終更新日:2019年6月11日

ここから本文です。

ヨロコビ小学校訪問(黒笹小学校)(6月5日)

6月5日、名古屋グランパスの選手が黒笹小学校を訪問しました。これは名古屋グランパスが進める「ヨロコビプロジェクト」の一環で、この日は大垣勇樹(おおがき・ゆうき)選手、榎本大輝(えのもと・だいき)選手、藤井陽也(ふじい・はるや)選手の3人が登場。選手たちがそれぞれのサッカー人生の転機について、ヨロコビバロメーターでうれしさの度合いを紹介した後、児童たちは「子どものころはどれくらい練習していましたか」、「夢を叶えるために大切なことは何ですか」などと積極的に質問していました。また、シュートを間近で見たり、サッカーのミニゲームをしたりするなど、プロ選手との交流を大いに楽しんでいました。

 3人のグランパスの選手が登場 プロのシュートを間近で見ます サッカーゲームを楽しみます ヨロコビトーク 給食を一緒に食べます

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る