みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2019年5月 > 地域介護予防教室(はつらつクラブ)(5月14日)

最終更新日:2019年5月20日

ここから本文です。

地域介護予防教室(はつらつクラブ)(5月14日)

介護を必要としない体をつくろうと、社会福祉協議会が開催している地域介護予防教室(はつらつクラブ)が5月14日、福祉センターで開催されました。健康運動指導士の安河内典子(やすこうち・のりこ)さんを講師に招き、約30人が参加。初めに介護が必要になる理由とその対策に関する講義が行われ、参加者は積極的に質問しながら、男女での介護が必要になる理由の違いや予防するためのポイントについて学びました。続いて、日常でも取り組める介護予防運動が実践されると、参加者たちは全員で声を掛け合い、手の指や足首を動かしたり、タオルを使って体を伸ばしたりして、全身をほぐしていきました。参加した女性の一人は「昨年から1年間この教室に通い続けています。教室で学んだ運動を自宅でも毎日続けていきたいです」と笑顔で話していました。

 最初に介護予防に関する説明が行われました 全身を伸ばして予防運動 タオルを使った運動 足首を回して血流をよくします ボールを足にのせてバランスを取ります 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る