最終更新日:2019年5月22日

ここから本文です。

水防訓練(5月12日)

梅雨入りを前に、水防体制を確立するとともに、水害時の応急対策活動の迅速化と防災意識の高揚を図ろうと5月12日、西一色町地内の境川堤防で水防訓練が行われました。消防団をはじめ、災害支援協定や応援活動協定の締結事業所、区長会、市職員など320人が参加し、大雨により境川が氾濫する恐れがあるという想定のもと訓練を開始。参加者たちはみよし消防署職員の指導の下、積み土のう工法や救助資機材の取り扱いなど、それぞれの訓練に真剣に取り組んでいました。また、尾三消防本部特別消防隊により、水没車両に取り残された要救助者をクレーンを使用して救出する救助訓練が行われました。最後に災害対策本部長の小野田賢治(おのだ・けんじ)市長が「台風などの水害時に本日の訓練は生きてきます。今後さらに防災意識を高め、関係機関や市民と協働し減災に取り組みたいと思います」と話しました。

 訓練はじめ 土のう作り 土のう積み 三角巾取り扱い 尾三の救助訓練

  

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:総務部防災安全課 

電話:0561-32-8046

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:bosai@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る