最終更新日:2019年5月20日

ここから本文です。

田植え体験(5月11日)

農業体験を通して市内の自然環境に関心を持ってもらおうと、境川源流域の田んぼで5月11日、田植え体験が行われました。当日は晴天の中、市内外から約120人の親子が参加。初めに、NPO法人みよしの自然環境を守る会の会員が苗の田植えから収穫までの流れを説明し、苗植えがスタート。参加者たちは慣れない泥の中でぬかるみに足を取られたり、田んぼに生息するタニシやカエルに驚いたりしながらも、目印のロープに合わせて丁寧に苗を植えていきました。参加した児童の一人は「田植えは初めてでしたが、田んぼの中が冷たくて気持ちよかったです。美味しいお米ができるように収穫まで育てたいです」と目を輝かせていました。

 会員の人が田植えについて説明しています 愛知教育大学の学生も協力のもと、田植えがスタート 親子で協力して苗を植えていきます 田んぼからたにしがでてきました みんなで田植えを進めていきました 泥んこになりながらも田植えを楽しみました  

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る