みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2018年12月 > 平成30年度救急救命技術発表会(12月11日)

最終更新日:2018年12月20日

ここから本文です。

平成30年度救急救命技術発表会(12月11日)

救急隊の病院前救護に必要な技能の向上を図ろうと12月11日、尾三消防本部で平成30年度救急救命技術発表会が行われました。発表会では、家や路上、事業所などでさまざまな容態の重病傷病者への各救助隊の対応を審査し、競う形で行われました。発表会には選考会で選出された特別消防隊、尾三消防管内の各消防署の代表救急隊計6隊が出場。みよし市からはみよし消防署南出張所から出場し、老人施設の利用者が心肺停止になったという想定で発表を実施。緊張感の漂う中、隊長を中心に、的確な指示と救助活動を披露して優秀賞を受賞しました。参加した隊員の一人は「今日のような場面に遭遇した際に隊としてスムーズな活動ができるように一人一人の技術を向上させていきたいと思います」と話していました。

 処置を開始しました 連携して処置が進みます 真剣な表情で処置にあたります 緊張感が漂います 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る