みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2018年9月 > 名古屋グランパスの選手へ梨の寄贈(9月12日)

最終更新日:2018年10月2日

ここから本文です。

名古屋グランパスの選手へナシの寄贈(9月12日)

みよし市、JAあいち豊田、みよし市果樹組合、市と相互支援協定を結んでいる株式会社名古屋グランパスエイトが連携し9月12日、名古屋グランパスエイト練習場で名古屋グランパスの選手たちにナシが寄贈されました。これはカキやナシ、ブドウをはじめとしたみよし市の特産物を盛り上げ、地産地消を促進するための取組。みよし市果樹組合の近藤進(こんどう・すすむ)副組合長が「このナシを食べて、今後も負けナシで飛躍してください」とエールを送り、近藤副組合長から風間八宏(かざま・やひろ)監督、みよし市職員から佐藤寿人(さとう・ひさと)選手へとあきづきナシ60玉を贈呈しました。練習後にはカットされたナシとナシジュースが選手たちに振る舞われ、どの選手も「みずみずしくておいしい」とうれしそうに食べていました。

ナシの贈呈式 選手たちの試食 美味しそうです

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:環境経済部産業課  

電話:0561-32-8015

ファクス:0561-34-4189

メールアドレス:sangyo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る