みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2018年6月 > 親子で行う生きものも育てるお米作り(6月16日)

最終更新日:2018年6月29日

ここから本文です。

親子で行う生きものも育てるお米作り(6月16日)

NPO法人みよしの自然環境を守る会は、市内の自然環境の保全や整備を行い、また市民に自然と触れ合う機会を提供することで、自然環境を保全することの大切さを知ってもらおうとさまざまな活動をしています。その活動の一環として、親子で自然と触れ合いながら田植えから収穫までを体験してもらおうと、1年を通して「親子で行う生きものも育てるお米作り」と題したイベントを開催しています。6月16日には、5月に黒笹町地内で田植えをした田んぼの草取りと生き物観察、ドジョウの放流が行われました。この日は30家族およそ90人が参加し、田んぼに生息する生き物の採集に挑戦。子どもたちは、採集したオタマジャクシやヤゴ、タニシなどを、興味深そうに観察していました。続いて、親子で一緒居に田んぼの中を進み、泥だらけになりながら雑草を抜いていました。

 田の草取り・ドジョウの放流が行われました 田んぼの中の生き物を観察 草取り ドジョウの放流 捕まえた生き物を観察

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る