みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2018年6月 > パッククッキング体験(6月15日)

最終更新日:2018年6月28日

ここから本文です。

パッククッキング体験(6月15日)

災害時にも役立つパッククッキングを多くの人に知ってもらおうと6月15日、パッククッキング体験が保健センターで行われました。パッククッキングとは、ポリ袋に食材を入れ、密封したものをお湯で加熱する調理法で、電気やガスなどが使えなくても火と鍋、水、ポリ袋があれば簡単に食事を作ることができるというもの。この日は14人が参加し、ご飯とかに玉、蒸し野菜、中華スープ、杏仁豆腐作りに挑戦。参加者たちは、食生活健康推進員から、ポリ袋の選び方や、袋からはできるだけ空気を抜くこと、袋の上の方を結ぶことなどのアドバイスを聞きながら調理していました。参加した女性の一人は「同時にいろいろなメニューが作れるので手間がかからず、美味しく調理することができました。他のメニューにも挑戦してみたいと思います」と笑顔で話していました。

 具材を計り、袋に入れます いろいろなメニューを作成 複数のメニューを同時に料理 完成したメニュー

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る