みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2018年1月 > 「110番の日」キャンペーン(1月13日)

最終更新日:2018年1月17日

ここから本文です。

「110番の日」キャンペーン(1月13日)

1月10日の「110番の日」に合わせて1月13日、「110番の日」キャンペーンが市民活動センターで行われました。この日は、外国人を対象に正しい110番のかけ方などについて理解してもらおうと開催され、外国人と日本人の合わせておよそ40人が参加。初めに、豊田警察署地域課の職員が「昨年受けたおよそ65万件の110番通報のうち、およそ4分の1は緊急性のないものでした。困り事の相談や物を失くしたときの届け出など、緊急性のない相談ごとなどは「#9110」にかけてください」と呼び掛けました。続いて、110番通報に関する○×クイズが行われると、参加者は楽しみながら110番通報に関する理解を深めていました。その後、通報した人が日本語を話すことができない場合の通報方法として、通報者と警察官、通訳者が同時に通話できる三者通話システムについて紹介され、参加者は実際にポルトガル語で三者通話による模擬通報を体験していました。 110番の日キャンペーンが開催されました 実際に模擬通報を体験 参加者も見守ります パトカーと一緒に記念撮影

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:市民協働部協働推進課  

電話:0561-32-8025

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:kyodo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る