みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2017年10月 > 災害時における避難場所使用等に関する協定締結式(10月16日)

最終更新日:2017年10月19日

ここから本文です。

災害時における避難場所使用等に関する協定締結式(10月16日)

10月16日、みよし市役所で名古屋刑務所との災害時における避難場所使用等に関する協定締結式が行われ、小野田賢治(おのだ・けんじ)市長と名古屋刑務所所長の大橋直三(おおはし・なおぞう)さんが協定書にサインしました。この協定は、大規模災害が発生したときに名古屋刑務所の施設である道場とグラウンドを避難場所や防災関係機関の活動拠点などとして使用するためのもの。小野田市長は「今回の協定の締結は、市にとって大変心強いです。災害対策を進めることができ、感謝しています」とあいさつ。大橋さんは「地域の皆さんには名古屋刑務所を好意的に理解していただいていますので、災害のときに少しでも貢献したいと思っています」と話しました。

協定書に調印 記念写真

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課 

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:総務部防災安全課  

電話:0561-32-8046

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:bosai@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る