みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2017年10月 > 防犯教室(南部小学校)(10月11日)

最終更新日:2017年10月23日

ここから本文です。

防犯教室(南部小学校)(10月11日)

子どもたちに自分の身を自分で守る力をつけてもらおうと10月11日、南部小学校で防犯教室が行われました。愛知県警察本部や防犯の専門家から講習を受けた東海学園大学の学生ボランティア団体であるT.O.P.S(トップス)の協力の下行われたこの教室に、2年生62人が参加。3つのグループに分かれて防犯ブザーの使い方や襲われたときの抵抗の仕方、20mダッシュを順番に練習しました。T.O.P.Sの皆さんから児童に、諦めないで最後まで抵抗することや大きな声で「助けて」と叫ぶことが大切であるとアドバイスされると、どの児童も自分の身を守ろうと、声を出しながら必死に足を動かしていました。参加した女子児童の一人は「抱きつかれたときに、防犯ブザーをすぐに鳴らせるように腰の位置に付け替えたいと思います」と話していました。

 

防犯ブザーの使い方を学びます 20メートルダッシュ 足をジタバタさせます諦めずに練習します

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る