みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2016年9月 > 郷土芸能伝承活動発表会(9月11日)

最終更新日:2016年10月4日

ここから本文です。

郷土芸能伝承活動発表会(9月11日)

みよし市内には、古くから市民に親しまれ身近に接することのできる郷土芸能として、祭り囃子(まつりばやし)や巫女舞(みこまい)、棒の手などが地域や保存会の皆さんの手によって維持、継承されています。これらの伝承活動に参加し、熱心に練習している子どもたちの日ごろの成果を披露するとともに、市民の皆さんに郷土芸能への理解を深めてもらおうと9月11日、サンアートで郷土芸能伝承活動発表会が開催されました。この発表会には新屋、西一色、東山、打越、三好上、三好下、福田、明知下、福谷地区の子どもたちの他、模範演技を披露する三好上地区、三好棒の手保存会、龍桜流(りゅうおうりゅう)和太鼓、三好太鼓の13団体およそ380人が参加。初めに、小野田賢治(おのだ・けんじ)市長が「子どもたちの郷土愛を育むとともに、郷土芸能を通して世代間の交流を深める機会にしてください」とあいさつしました。その後、舞台上では、子どもたちが夏休み期間中から練習を積んできた笛や太鼓の演奏、華麗な舞などを緊張しつつも堂々と披露。また、観客席では、この発表会に向けて一生懸命練習してきた子どもたちの姿を写真に収めようと、多くの人が盛んにカメラのシャッターを切っていました。巫女舞に参加した女の子の一人は「練習は大変でしたが、発表を成功させることができてうれしいです」と笑顔で話していました。

小野田市長のあいさつ 三好上の囃子 三好棒の手保存会の棒の手 東山の囃子 西一色の囃子 打越の巫女舞  

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:教育委員会 教育部歴史民俗資料館 

電話:0561-34-5000

ファクス:0561-34-5150

メールアドレス:shiryoukan@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る