最終更新日:2016年5月31日

ここから本文です。

田植え体験会(5月29日)

実際に水や土に触れながら自然を楽しんで農業に関心をもってもらおうと5月29日、打越町地内の田んぼで田植え体験会が行われました。NPO法人みよし協働農園の会の主催により、市内の遊休農地を活用し毎年行われているこの催しに、今年は25組80人が参加。NPO法人みよし協働農園の会の会員から苗の植え方や注意点を聞いた後、早速田植え体験の開始。参加者たちは「思ったより深いね」「泥に埋まってぜんぜん動けないよ」と、初めて入る田んぼに驚いた様子でしたが、目印のついたロープに合わせて一本一本丁寧に苗を植えていきました。苗を植えた後にはおにぎりが振る舞われ、一仕事終えた後の空腹を満たしていました。家族で参加した女性の一人は「田植え体験は初めてでしたが楽しかったです。今日は暑いので田んぼの水が気持ちよかったです」と笑顔で話していました。

会員から苗の植え方について説明されます 初めて入る田んぼにびっくり それぞれに楽しみました 気持ちよさそうですね 田植え体験会が開催されました 田植え後はおにぎりでお腹を満たしました

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る