みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2016年2月 > 応急手当普及員講習会(2月26日)

最終更新日:2016年3月2日

ここから本文です。

応急手当普及員講習会(2月26日)

応急手当の知識を学ぶとともに、応急手当講習の指導をするために必要な技能を身に付けてもらおうと2月25日から27日までの3日間、尾三消防本部で応急手当普及員講習会が行われました。今回の講習会には、みよし市、日進市、東郷町に在住・在勤の人および東海学園大学の学生合わせて20人が参加。3日間の講習期間で、応急手当に必要な基礎知識や普及員として応急手当を指導するために必要な知識、救急救命の実技などを幅広く学びます。2日目の講習では、心肺蘇生法の実技や応急手当の実践などが行われました。心肺蘇生法の実技では、講師を務める尾三消防署員から「スーパーで買い物中に突然知らない人が倒れた」や「大学で講義を受けているときに隣の席の学生が意識を失った」などの具体的な場面が想定されると、受講者たちは場面に合わせて他の受講者にAEDを持ってくることや救急車の手配などを頼みながら真剣に臨んでいました。参加していた女性の一人は「いざというときは恥ずかしがらずに他の人を巻き込むことが大切だと知りました。また、子どもに対する心肺蘇生法など初めて知ることが多く、とても勉強になります」と充実した表情で話していました。

心配蘇生法の実技に臨む受講生たち 講師を務める尾三消防署員 乳児の心配蘇生法についても学びます 熱心にメモを取る受講者 真剣な表情で講習に臨む受講者たち

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る