みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2016年1月 > 文化財防火デーに伴う消防訓練(1月24日)

最終更新日:2016年1月28日

ここから本文です。

文化財防火デーに伴う消防訓練(1月24日)

尾三消防本部みよし消防署による文化財防火訓練が1月24日、莇生神社で行われました。1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、今年は莇生神社で行われました。莇生神社の社務所から出火し、東の風にあおられ平和神社に延焼の恐れがある想定で実施された訓練にみよし消防署員、莇生・福谷の各消防団員、神社関係者、地域住民などおよそ35人が参加。初期消火訓練や重要物搬出訓練、消防本部と地元消防団と協力して莇生神社と平和神社への放水訓練が行われ、訓練参加者は、本番さながらの緊迫感が漂う中、真剣な表情で訓練に臨んでいました。訓練を終え、尾三消防本部の石川敦司(いしかわ・あつし)署長は「1年で火災の発生が最も多い時期になりました。家庭での火の取り扱いには十分注意をお願いします」と市民に防火を呼び掛けていました。

1月26日は文化財防火デーです 初期消火訓練を体験 消防隊員から状況について聞かれています 消防隊員による放水訓練 地元の消防団員も参加しました 講評を述べる石川署長

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る