みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2015年9月 > 総合福祉フェスタ(9月19日)

最終更新日:2015年10月1日

ここから本文です。

総合福祉フェスタ(9月19日)

社会における福祉の重要性がますます高まる中、保健・医療・福祉・生きがい事業を一体化した総合福祉をより一層推進しようと9月19日、サンアートで総合福祉フェスタが開催されました。小ホールで行われた社会福祉大会では、長年にわたってみよし市の福祉に貢献した人や70歳で自分の歯が22本以上残っている人などが表彰されました。続いて、市民広場やレセプションホールなどで行われた総合福祉フェスタでは、ボランティア団体や障がい者・高齢者施設などの各団体が模擬店や体験コーナーなどのさまざまな催しを行い、日ごろの活動や施設の概要などを紹介。中でも、ストレス度チェックや筋力測定などの健康チェックコーナーや募金をすると非常食のカレーを食べることができるみよし市赤十字奉仕団のコーナーは人気があり、たくさんの人が集まっていました。フェスタの最後には、大ホールで愛知教育大学管弦楽団とみよし少年少女合唱団によるふれあいコンサートが行われ、「手のひらを太陽に」を手話を交えて披露した他、ミュージカル「サウンドオブミュージック」のメドレーなど、クラシック以外にも耳なじみのある曲が披露され、来場者も手話や手拍子で参加するなど、会場が一体となる温かいコンサートになりました。他にも小ホールでは、人権をPRするための映画試写会としてユ・ジテさんと伊勢谷友介さん主演の「ザ・テノール」が上映され、福祉をテーマにしたこのイベントに、家族連れや友達同士で訪れた人たちは大いに楽しんでいる様子でした。

みよしの福祉に貢献された団体を表彰 人権啓発の映画会場の前に貼られた人権啓発に関する習字やポスター 総合福祉フェスタの幕開けです 和太鼓たけのこの皆さんの演奏 射的ゲームで的を狙う子ども 人形劇の体験に笑顔を見せる子どもたち 組みひも飾りに夢中の女の子 障がい者施設のブースでは手作りの小物などを販売 認知症予防のための回送法コーナーで黒電話に触る子ども 市民病院のブースでは看護師による血圧チェックも 毎年大人気の健康チェックコーナー 市民広場のテントの下では、みんな仲良くお昼ご飯 ふれあいコンサートで歌と手話を披露したみよし少年少女合唱団 ふれあいコンサートで観客を魅了した愛知教育大学管弦楽団の演奏

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:福祉部福祉課 

電話:0561-32-8010

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:fukushi@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る