みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2015年2月 > 豆まき(莇生保育園)(2月3日)

最終更新日:2016年6月27日

ここから本文です。

豆まき(莇生保育園)(2月3日)

市内の保育園と幼稚園では、子どもたちに日本の伝統的な行事を体験してもらおうと、毎年節分の日に合わせて「豆まき」が行われています。莇生保育園では2月3日、園児127人が参加して行われました。初めにみんなで「豆まき」の歌を歌った後、保育士による「みんなの心に住んでいる鬼」を題材にした劇を鑑賞しました。劇の中では「おこりんぼ鬼」「泣き虫鬼」「いやいや鬼」の3人の鬼が登場してお母さんを困らせていると、福の神が舞い降りて豆をまき、鬼たちを追い払いました。園児たちは真剣な表情で劇を見ながら「鬼は外」と声を合わせて叫んでいました。劇を鑑賞した後には、園児たちが豆をまく役と鬼の役を交代で行い、楽しそうに豆をまいたり拾ったりしていました。男子園児の一人は「豆をたくさん拾ったから、後で6個食べるよ。鬼のお面も上手にできたでしょ」と満足そうに話していました。

お面を付けてホールに集合 福の神が鬼を追い払います 元気良く鬼は外! 鬼のお面、上手でしょ

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る