みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2015年1月 > 文化財防火デーに伴う消防訓練(1月18日)

最終更新日:2015年1月23日

ここから本文です。

文化財防火デーに伴う消防訓練(1月18日)

1月26日の「文化財防火デー」に合わせた消防訓練が1月18日、明知町内の八柱社(やはしらしゃ)で行われました。社務所から出火し、東風にあおられて本殿に延焼する恐れがある想定で行われたこの訓練に、尾三消防署員や明知上・明知下の各消防団、地区の住民が参加。訓練は119番通報を行うところから始められ、同時に重要物の搬出、初期消火訓練、消防署員の到着後は避難誘導訓練、消防隊員と消防団による放水訓練が行われました。訓練参加者は、本番さながらの緊迫した空気の中、真剣な表情で訓練に臨んでいました。尾三消防本部みよし消防署警防課の小野田琢磨(おのだ・たくま)さんは「この時季は空気が乾燥しており、火災が発生しやすくなっています。外出する際は、火の元には十分注意してください」と市民に防火を呼び掛けていました。

【写真】重要物を搬出する八柱社関係者 【写真】初期消火をする八柱社関係者 【写真】消火訓練をする消防隊員 【写真】訓練に参加した皆さん

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る