みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2014年11月 > 美しい日本語の話し方教室(北部小学校)(11月17日)

最終更新日:2014年11月26日

ここから本文です。

美しい日本語の話し方教室(北部小学校)(11月17日)

聞き取りやすい日本語の話し方を学んでもらおうと11月17日、美しい日本語の話し方教室が北部小学校で行われました。この日は、劇団四季の俳優、菊池華奈子(きくち・かなこ)さん、林晃平(はやし・こうへい)さん、髙橋えみ(たかはし・えみ)さんを講師に招き、6年生児童87人が参加。 教室では、講師の皆さんが劇団四季の50年を超える歴史の中で培われてきた独自の「母音法」を通して、日本語における母音の大切さやそれぞれの音を分離して話すこと、同じ母音が続く場合は後の母音の響きを変えるなど、美しい日本語を話すためのコツを分かりやすく説明しました。最後は、教わったことを復習しながら「友達はいいもんだ」をみんなで合唱し、相手に思いを伝えることを意識して、はっきりとした言葉で歌う練習をしました。参加した女の子の一人は「話をするのに母音が大切なことが分かりました。これからは今日学んだことを実践して話そうと思います」と講師の説明を振り返りながら話していました。

【写真】俳優さんが美しい日本語を話すためのコツを説明 【写真】説明を受けたことを実践する生徒 【写真】俳優さんのはっきりとした話し方を聞いて拍手する生徒 【写真】みんなで「友達はいいもんだ」を合唱

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る