みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2014年7月 > 認知症カフェ「オリーブ」オープン(7月17日)

最終更新日:2014年7月25日

ここから本文です。

認知症カフェ「オリーブ」オープン(7月17日)

認知症の症状の有無を問わず誰もが気軽に集い、認知症予防に効果のあるゲームなどを一緒に楽しみながら交流や情報交換のできる場として、認知症予防だけでなく地域のにぎわいづくりにも活用してもらおうと7月17日、福谷町の社会福祉法人翔寿会(しょうじゅかい)が運営するケアハウス寿睦苑(じゅぼくえん)内に、認知症カフェ「オリーブ」がオープンしました。これは市民や法人と行政との協働により、お互いの強みを最大限に生かす創意工夫をしながら、本質的なところで地域密着を具現化していくための事業として実現したもの。オープニングセレモニーでは、翔寿会理事長の鈴木睦子(すずき・むつこ)さんが「このカフェが皆さんにとって安心できる居場所となり、介護する人や専門職の皆さんとの出会いの場になるように期待しています」とあいさつ。続いて、特別来賓として登場した市健康づくり大使のキューちゃんと一緒に、カフェのシンボルでもあるオリーブの苗木を植樹しました。式典の後には、カフェを訪れた地域のお年寄り12人が4つのテーブルに分かれ、翔寿会や市役所高齢福祉課の職員と一緒に認知症予防に効果のあるトランプを使ったゲーム「51(ごじゅういち)」に挑戦。各テーブルでは、他の人よりも早くカードの合計を51にしようと、真剣な表情でカードを見つめたり職員と楽しそうに相談したりする姿が見られました。なお、この認知症カフェ「オリーブ」は毎月1回第3木曜日または第4木曜日の午後1時から3時まで営業しています。

鈴木理事長のあいさつ キューちゃんと一緒にオリーブを植樹 翔寿会職員がトランプゲーム「51」を説明 カードを見ながら楽しく相談中 どのカードがいいかな!! 和気あいあいとした雰囲気に包まれる

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:福祉部長寿介護課 

電話:0561-32-8009

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:choju@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る