みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2014年7月 > 2014ジャパンパラ水泳競技大会出場者激励会(7月1日)

最終更新日:2014年7月24日

ここから本文です。

2014ジャパンパラ水泳競技大会出場者激励会(7月1日)

「ジャパン・パラリンピック」は障がい者スポーツの国内における最高レベルの大会です。その水泳競技の愛知県代表として、7月20日から21日まで大阪府門真市(おおさかふ・かどまし)で開催される2014ジャパンパラ水泳競技大会の男子50m自由形、200m個人メドレーに出場する柘植英治(つげ・えいじ)さんと女子50m自由形、100m自由形、200m自由形 、200m個人メドレーに出場する小川春菜(おがわ・はるな)さんが7月1日、市役所を訪れ小野田賢治(おのだ・けんじ)市長に大会への出場報告をしました。小野田市長は2人に「練習の成果を発揮して、それぞれの目標を達成できるように頑張ってきてください。そして、たくさんの人と交流してきてください」と激励。柘植さんは「水の中は不思議な感覚がして大好きです。大好きな水泳でベストタイムが出せるように頑張ります」、小川さんは「苦手な飛び込みをもっと練習して、大会では良い順位でゴールしたいです。将来は2020東京オリンピック・パラリンピックを目指して頑張ります」と力強く、大会への抱負を述べていました。

柘植君は大会への抱負と職場の人への感謝を述べました 小川さんは大会の目標と将来の夢を発表 小野田市長が2人を激励 今瀬教育長と4人で力強くガッツポーズ!!   

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:教育委員会 教育部スポーツ課  

電話:0561-32-8027

ファクス:0561-34-6030

メールアドレス:sports@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る