みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2014年2月 > 応急手当普及員講習会(2月21日)

最終更新日:2014年3月3日

ここから本文です。

応急手当普及員講習会(2月21日)

応急手当の知識を学ぶとともに、普通救命講習の指導に必要な技能を身に付けてもらおうと2月21日、尾三消防本部で応急手当普及員講習会が行われました。今回の講習会に、みよし市、日進市、東郷町に在住・在勤の16人が参加。3日間で基礎的な知識を学ぶ講義と実技が行われ、2日目の実技では小児AEDの取り扱い、異物除去の方法、止血法などについて学びました。参加者たちは、講師たちの経験に基づく話を聞きながら真剣に教科書にメモをしたり、「子どもの背中にAEDパッドを貼るときは、どのように体を持ち上げたらいいの」や「骨折の手当をする場合、どの位置まで腕を上げればいいの」など実際に起こりそうなケースを挙げ、その対処の方法について積極的に質問していました。参加していた男性の一人は「仕事中にもしものことがあった場合に応急手当をするため受講することを決めました。知識を得るとともに、実技なども職場で学んだことを復習でき、とても充実しています」と話していました。

小児AEDの使い方について説明を受けます 実際に体験 もしものどにものを詰まらせてしまったときは…? 人を運ぶときのポイントを聞きます 三角巾を八折りにして包帯の替わりに使用します ポイントは、ここで結ぶことですよ

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る