みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2013年9月 > 世代交流サッカー健康増進教室(9月22日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

世代交流サッカー健康増進教室(9月22日)

介護予防の一環として高齢者の皆さんに運動をしてもらうとともに、孫との交流も深めてもらおうと9月22日、旭グラウンドで世代交流サッカー健康増進教室が行われました。みよし市と名古屋グランパスとの協働で毎年行われているこの催しに、今年は65歳以上の人とその孫、合わせて77人が参加。 名古屋グランパスのコーチ、そしてボランティアとして参加した三好高校サッカー部の協力の下、準備体操から少しずつボールを取り入れたトレーニングを行い、最後はドリブルでカラーコーンを上手に避けてゴールに向かってシュート。会場のあちらこちらから笑い声が溢れ、祖父母も孫たちも気持ちの良い汗を流していました。

参加した祖父の一人は「普段、子どもと一緒にボール遊びをすることは少ないので、今日は孫と一緒に遊べて良かったです」と孫との楽しいひとときをうれしそうに話していました。

【写真】グランパスのコーチから指導を受ける参加者 【写真】ボールを使って祖父と孫で簡単なゲーム 【写真】祖父がゴールに向かってシュート 【写真】参加者全員で記念撮影

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:福祉部長寿介護課  

電話:0561-32-8009

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:choju@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る