最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

公園体操(6月10日)

自宅近くの公園で簡単な運動をすることで、健康づくりをしてもらうとともに、地域の人と交流を深めてもらおうと6月10日、公園体操が桜公園で行われました。東海学園大学健康開発支援センター長でスポーツ健康科学部教授の島岡清(しまおか・きよし)先生と島岡ゼミの学生は、地域の中高齢者と一緒に脳のトレーニングやポールウオーキングなどを行っています。この日は、東海学園大学の学生12人を含めた37人が参加し、学生が考えた指の体操や全身を使ったじゃんけんを行い脳のトレーニングをした後、話に花を咲かせながら公園の周りを一緒にポールウオーキングしました。参加した女性の一人は「今回で3回目の参加になりますが、とてもいい運動になります。ここで教わった脳トレーニングを家でもやっているんですよ」と楽しそうに話していました。

指を使って脳トレーニングです 全身を使ったじゃんけん中です。勝てましたか…? 会話を弾ませながらポールウオーキング中 あと1周!! 調子はどうですか?

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る