みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2013年2月 > 市長と大学生と語り合う会(2月12日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

市長と大学生と語り合う会(2月12日)

市民との対話を通じ市政への理解を深めてもらうとともに、これからのまちづくりに関する意見を聞くことで市民参加によるまちづくりを進めていこうと2月12日、東海学園大学で市長と大学生と語り合う会が開催されました。今回は、普段行政に関わる機会の少ない若い世代を対象に、東海学園大学の学生をはじめ市内在住・在学の大学生17人が参加。初めに久野知英(くの・ともひで)市長が「今日は市政に対するいろいろな意見を出していただき、一緒にまちづくりに携わっていただきたいと思います」とあいさつ。学生たちは市長を前に少し緊張しながらも「さんさんバスで目的地まで行くのに時間がかかるので、ダイヤを変更してほしい」「学校で学んだことを地域で生かすためのサポートをしてほしい」など日常生活に関する提言や学生らしい意見を出し合い、これからのみよし市が住みよいまちとなるように積極的に語り合いました。

住みよいまちにするために提案する参加者 会では笑顔が見えることもありました 会場全体の風景 参加者全員で記念撮影

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る