みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2012年11月 > 第14回みよし市果実展示品評会(11月2日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

第14回果実展示品評会(11月2日)

みよし市の特産品、柿・ナシ・ブドウの栽培技術の改善と品質の向上、消費の拡大を図ろうと11月2日、第14回みよし市果実展示品評会がJAあいち豊田グリーンステーション三好で行われました。この品評会は、みよし市果樹組合がみよしの特産物の柿・ナシ・ブドウを毎年順番で1品選んで開催。今年は市内の柿栽培農家が、手塩に掛けて育てたよりすぐりの柿を出品しました。審査の基準は形状や玉ぞろい、色み具合などの外観や果肉の状態や糖度。審査員は柿に傷が付いていないかなど慎重に確認しながら、一つ一つ点数を付けていました。審査の結果、明知上行政区の深谷(ふかや)みほさんが最優秀賞にあたる愛知県知事賞を受賞しました。深谷さんは「農協などに相談しながら、病害虫や水やりに気を付けて育てました。これからも食べた人、みんなに喜ばれる柿を作っていきたいです」と抱負を話していました。

第14回みよし市果実展示品評会2 第14回みよし市果実展示品評会1 第14回みよし市果実展示品評会4 第14回みよし市果実展示品評会3

第14回みよし市果実展示品評会5

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る