みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2012年9月 > ビオトープづくり(西一色行政区)(9月23日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

ビオトープづくり(西一色行政区)(9月23日)

草地、池や沼、森林など、本来その地域に住むさまざまな野生の生き物たちが、お互いに関係しあって暮らすことのできるまとまった空間として、近年さまざまな取り組みがされている「ビオトープ」。人工池と里山を模した小山などで構成するビオトープづくりが9月23日、西一色町地内で行われました。市の緑化推進に関する補助事業を利用し、西一色行政区の主催により5月から行われているこの事業。この日は、100人以上の区民が参加して、カキツバタを植栽する作業を行いました。参加者は、地元造園業者の説明を受けながら一つ一つ丁寧にカキツバタを植えていきました。今後は、花ショウブやあやめなどの植栽や散策路などを整備して、11月に開催されるふるさとまつりでお披露目する予定で、区民の皆さんの手により維持管理がされます。加藤英幸(かとう・ひでゆき)区長は「身近に自然環境に触れることができる憩いの場所として、子どもたちをはじめ、多くの区民の皆さんに利用してもらいたいです」と笑顔で話していました。

区長さんよりビオトープづくりについて説明がされました 造園業者からビオトープなどの説明を受けました 一つ一つ丁寧にカキツバタを植えていきました 笑顔でカキツバタを植えていきます 植え終わり今後の成長が楽しみなカキツバタ  

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:環境経済部みどりの推進課 

電話:0561-32-8024

ファクス:0561-34-4189

メールアドレス:midori@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る