みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2012年9月 > 世代交流サッカー健康増進教室(9月9日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

世代交流サッカー健康増進教室(9月9日)

介護予防の一環として、高齢者の皆さんに孫と一緒に運動してもらおうと9月9日、世代交流サッカー健康増進教室が旭グラウンドで行われました。

みよし市と株式会社名古屋グランパスの協働で開かれたこの教室。65歳以上の人とその孫、合わせて76人が参加しました。市内に在住する名古屋グランパスの佐藤和樹(さとう・かずき)選手と田鍋陵太(たなべ・りょうた)選手とコーチによる指導、そしてボランティアで参加してくれた三好高校サッカー部の協力の下、準備体操から少しずつボールを取り入れたトレーニングを行うと、最後には孫と一緒にパスを出し合いながら、ゴールへ向かってシュート。参加者たちは、かわいい孫と一緒に気持ちの良い汗を流しました。その後、保健師から認知症の予防に適度の運動が必要との講話を聞き、健康増進についてからだ全体を使って学んでいました。参加者の一人は「今回の教室参加をきっかけに孫と一緒に体を動かしていきたいです」と笑顔で話していました。

参加者全員で記念写真 憧れの選手との交流で子どもたちは大はしゃぎ お孫さんと一緒にボールを使ったストレッチで汗を流します お孫さんと運動できグランパスの選手も参加するこのイベントは大人気 晴れ渡る空のもとでの運動は爽快そのもの 保健師から認知症の予防に関する講話を聞きます

 

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:福祉部長寿介護課 

電話:0561-32-8009

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:choju@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る