みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2012年9月 > 高齢者への交通安全店頭PR活動(9月4日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

高齢者への交通安全店頭PR活動(9月4日)

高齢者を交通事故から守ろうと9月4日、メグリア三好店で高齢者を対象とした交通安全店頭PR活動が行われました。

7月から豊田・みよし市内のメグリア全店で、「交通安全巡り合(メグリア)いの店キャンペーン」と題して行われているこの活動。高齢者に交通事故防止PRグッズとしてうちわやハンカチ、反射材シールを手渡し、交通事故防止を呼び掛けています。豊田警察署の神谷俊明(かみや・としあき)巡査部長は「交通事故で亡くなった高齢者の9割以上が反射材を付けていませんでした。少しでも高齢者が交通事故に巻き込まれないよう、直接反射材を貼るキャンペーンを始めました」と高齢者への事故防止を訴えていました。

また今回は、インターンシップとして東海学園大学の学生4人も交通安全店頭PR活動に参加。学生の一人は「最初は声を掛けても受け取ってもらえませんでしたが、しっかりと説明すれば理解してもらえたので、コミュニケーションの取り方や相手に伝わりやすい説明の仕方など、とても勉強になりました」と貴重な体験を振り返りました。

交通事故に合わないために反射材を付けましょう 事故防止のキャンペーンでPR品を配布 インターンの学生も緊張しながらPR品を配布 PR品を受け取ってもらえてほっと一安心

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:協働部防災安全課 

電話:0561-32-8046

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:bosai@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る