みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2012年2月 > 豆まき(黒笹保育園)(2月2日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

豆まき(黒笹保育園)(2月2日)

毎年この時期、市内の保育園と幼稚園で、子どもたちに日本の伝統的な行事を通して、節分の意味を知ってもらおうと「豆まき」が行われています。

黒笹保育園では2月2日に豆まきが行われ、元気に登園した園児92人がそれぞれ手作りの鬼のお面を付けてホールに集合。

初めに園長先生から、豆まきの由来について話を聞いた後、「みんなの心に住んでいる鬼」の紙芝居を鑑賞しました。紙芝居が終わると太鼓の音が鳴り始め、「おこりんぼ鬼」「泣き虫鬼」「いじわる鬼」の3人が登場。園児たちは「鬼は外」と大きな声で豆をぶつけました。

降参した鬼たちが帰った後、福の神にふんした園長先生が登場し、頑張って鬼を退治した園児たちをねぎらいました。男子園児の一人は「怖くてちょっとだけ泣いちゃったけど頑張って鬼をやっつけたよ」と誇らしげに話していました。

写真:手作りお面の園児たち 写真:威勢よく鬼に立ち向かう園児 写真:間近で見る鬼に思わず逃げ腰 写真:笑顔で集合写真

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る