みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2011年8月 > 第13回みよし市果実(ブドウ)展示品評会(8月15日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

第13回みよし市果実(ブドウ)展示品評会(8月15日)

栽培技術の改善と品質の向上を図ることを目的に第13回みよし市果実(ブドウ)展示品評会が8月15日、JAあいち豊田グリーンステーション三好で行われました。この品評会は、みよし市果樹組合がみよしの特産品のブドウ・柿・ナシを毎年順番で1品目選んで開催しています。

今年は市内のブドウ栽培農家が、丹精込めて育てた「巨峰(きょほう)」26点を出品。今年は春先から天候の変化が激しく、猛暑の夏となりましたが、厳しい条件を乗り越え見事に実ったブドウが数多く出品されました。審査の基準は形状や玉ぞろい、色み具合などの外観や果肉の状態や糖度。審査の結果、明知下行政区の深谷善治(よしはる)さんが愛知県知事賞、みよし市長賞には明知下行政区の深谷みつぐ(ふかや・みつぐ)さんがそれぞれ受賞しました。

写真:大きく実った巨峰のおいしそうな香りが会場いっぱいに広がる 写真:傷はないか、粒の変形や大きさにバラつきがないか、外観をチェック 写真:糖度計でブドウの糖度を計測します。一番甘いものは22度でした。 写真:久野市長から市長賞を受け取る深谷さん

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:環境経済部産業課  

電話:0561-32-8015

ファクス:0561-34-4189

メールアドレス:sangyo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る