みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2010年8月 > 夏の実験工作祭り(8月22日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

夏の実験工作祭り(8月22日)

 次世代を担う子どもたちに、楽しみながらエネルギーや科学に興味を持ってもらおうと8月22日、緑丘小学校体育館で中部電力株式会社岡崎支店の主催による「夏の実験工作祭り」が行われました。この日は親子およそ330人が参加。体育館にはプロペラコプターや風船ロケットを作る「実験&工作」や、自動車のタイヤのチューブと扇風機を使ったホバークラフトなどで遊べる「大型実験コーナー」、「自然現象・力」をテーマにした「サイエンスショー」などが設けられ、参加者たちは思い思いに楽しんでいました。サイエンスショーでは株式会社学研教育出版の梅崎浩(うめざき・ひろし)さんを講師に招いて、空気のさまざまな性質について学びました。

参加した男の子の一人は「サイエンスショーでは空気の力で物が浮いてるのを見たのが楽しかったよ」と笑顔で話していました。

ホバークラフトに乗って ホバークラフトづくり 空気砲 サイエンスショーの様子

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る