みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2010年6月 > 田植え体験(天王小学校)(6月3日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

田植え体験(天王小学校)(6月3日)

天王小学校近くの水田で6月3日、5年生児童による毎年恒例の田植え体験が行われました。

初めに、地元農家の久野文彦(くの・ふみひこ)さんから苗の植え方を教わった後、いざ水田の中へ。多くの児童が初めて水田に入るとあって、最初は足が抜けなくなったり、小さなカエルなどの生き物に夢中になったりと大はしゃぎ。しかし徐々に慣れてくると、作業もスピードアップし、自分のスペースの田植えを終えた児童が、まだ終わっていない児童を手伝う姿が見られ、どの子も助け合いながら元気いっぱいに田植えをしていました。今回植えたのはもち米。秋には収穫してみんなでおもちにして食べる予定です。

児童の一人は「難しかったけど、頑張って田植えをしたので秋にはたくさん収穫して、食べたいです」と笑顔で話し、早くも実りの秋が待ちきれない様子でした。

写真:まずは田植え機のお手本を見学 写真:真剣なまなざしで黙々と田植えをしていくグループ

写真:あれ?ちょっと曲がってない? 写真:早く終わってほかの児童を手伝う子たち

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る