みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2010年1月 > シルバー交通安全教室(1月27日)

最終更新日:2018年5月18日

ここから本文です。

シルバー交通安全教室(1月27日)

 愛知県では交通事故による死者数が、年々減少しているものの、5年連続で全国ワースト1の状況となっています。交通事故の死亡者数のおよそ5割を占める高齢者の交通事故をなくそうと、シルバー交通安全教室が1月27日、中部トラック総合研修センターで行われました。初めに豊田警察署交通課長の土屋人士さんが「薄暗い時間帯は外出を控えてください」と交通事故に遭わないためのポイントを解説。続いて愛知県警察本部の交通安全教育チーム「あゆみ」のメンバーが、人が目の前の危険を避けるためにとる行動「認知・判断・操作」を指を使った簡単なゲームで説明。また、自動車の運転適性を知ることができる検査も実施され、参加した市内老人クラブ会員74人は楽しみながらも交通安全の重要性についてあらためて認識していました。

シートベルトの着用の効果をクイズ形式で紹介 指を使った準備体操 瞬時の判断力を簡単なゲームで体験 運転適性検査を受ける皆さん

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:総務部防災安全課  

電話:0561-32-8046

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:bosai@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る