• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > みよしキッズページ > みよし市(みよしし)ってどんなところ?

最終更新日:2015年9月7日

ここから本文です。

みよしキッズページ

  • みよし市ってどんなところ?
  • みよしの役所って何してるの?
  • みよしの歴史をもっと知ろう
  • みんな大好き!みよしの祭

みよし市(し)ってどんなところ?

みよし市(し)の位置(いち)と広(ひろ)さ

北緯(ほくい)35度(ど)5分(ふん)25秒(びょう)、東経(とうけい)137度(ど)4分(ふん)29秒(びょう)

愛知(あいち)県(けん)のほぼ中央(ちゅうおう)に位置(いち)し、面積(めんせき)は32.19キロ平方(へいほう)メートルです。最高地(さいこうち)は海抜(かいばつ)147.62m(黒笹町(くろざさちょう)三ヶ峯(さんがみね))、最低地(さいていち)は16.90m(福田町(ふくたちょう)川端(かわばた))。名古屋市(なごやし)にも豊田市(とよたし)にも近(ちか)く、豊(ゆた)かな自然(しぜん)と快適(かいてき)な環境(かんきょう)が広(ひろ)がっていて、人(ひと)がとても暮(く)らしやすいまちです。

 

みよし市(し)の人口(じんこう)

みよし市(し)には現在(げんざい)、男性(だんせい)が 3万(まん)593人(にん)、女性(じょせい)が 2万(まん)8,985人(にん)、合(あ)わせて5万(まん)9,578人(にん)が暮(く)らしています。(平成(へいせい)26年(ねん)1月(がつ)1日(にち)現在(げんざい))。町(ちょう)になったばかりの昭和(しょうわ)33(1958)年(ねん)4月(がつ)には、9,043人(にん)でしたので50年(ねん)で6倍(ばい)に発展(はってん)しています。

みよしという名前(なまえ)

明治(めいじ)22(1889)年(ねん)全国(ぜんこく)で町村制(ちょうそんせい)が始(はじ)まり、「三好村(みよしむら)」「莇生村(あざぶむら)」「明越村(あけこしむら)」の3つの村(むら)が誕生(たんじょう)しました。「みよし」というのは江戸時代(えどじだい)、合併(がっぺい)前(まえ)の三好村(みよしむら)にあったさらに小(ちい)さな三吉(みよし)という村(むら)の名前(なまえ)が由来(ゆらい)だといわれています。明治(めいじ)39(1906)年(ねん)にこの3つの村(むら)が合併(がっぺい)し新(あたら)しい三好村(みよしむら)になりました。

みよし市(し)の誕生日(たんじょうび)

昭和(しょうわ)33(1958)年(ねん)4月(がつ)1日(にち)、三好村(みよしむら)が町(まち)となって三好町(みよしちょう)になり、平成22年1月4日みよし市(し)が誕生(たんじょう)しました。

みよし市(し)のシンボルマーク

昭和(しょうわ)34年2月に決(き)まった町章(ちょうしょう)を引き継いで市章(ししょう)としています。みよしの市(まち)がいつも平和(へいわ)であるようにとの願(ねが)いをこめて、ひらがなの「み」の字(じ)を円(まる)くおさめる形(かたち)でデザインされました。また、勤労(きんろう)と勤勉(きんべん)を大事(だいじ)にする気持(きも)ちを、鎌(かま)と鋤(すき)の形(かたち)で表(あらわ)してもいます。

 

 

 

みよし市(みよしし)の木(き)

昭和(しょうわ)48(1973)年(ねん)7月(がつ)、三好(みよし)のシンボルにふさわしい「町(まち)の木(き)」についてアンケート調査(ちょうさ)を行(おこな)った結果(けっか)、大空(おおぞら)に向(む)かって力強(ちからづよ)く伸(の)びるミカワクロマツが選(えら)ばれ、市(し)となった現在(げんざい)も市(し)の木(き)としています。

 

 

 

 

みよし市(みよしし)の花(はな)

毎年(まいとし)6月(がつ)ごろにみよしのまちを美(うつく)しく彩(いろど)るサツキの花(はな)。市民(しみん)の人気(にんき)が高(たか)く、市(し)の木(き)と同時(どうじ)に決定(けってい)されました。

 

 

 

 

 

工業(こうぎょう)

トヨタ自動車(じどうしゃ)の4つの工場(こうじょう)など自動車関連(じどうしゃかんれん)を中心(ちゅうしん)におよそ200の工場(こうじょう)があり、日本(にほん)の基幹産業(きかんさんぎょう)である自動車産業(じどうしゃさんぎょう)を支(ささ)えています。

商業(しょうぎょう)

みよし市(し)にはおよそ300の商店(しょうてん)があり、市民(しみん)の暮(く)らしを支(ささ)えています。

農業(のうぎょう)

温暖(おんだん)な気候(きこう)と肥沃(ひよく)な土地(とち)に恵(めぐ)まれたみよし市(し)は農業(のうぎょう)がさかんで、特(とく)に南部(なんぶ)には果樹園(かじゅえん)が広(ひろ)がっています。特(とく)に柿(かき)・ナシ・ブドウはまちの特産物(とくさんぶつ)として知(し)られています。

みよし市のことがよくわかったよ!

ページの先頭へ戻る