みよし市ホームページ > 健康・福祉 > 麻しん抗体検査およびワクチン接種費用の助成について

最終更新日:2018年10月15日

ここから本文です。

麻しん抗体検査およびワクチン接種費用の助成について

麻しん(はしか)は感染力がとても強く、また、感染すると時に重症化することもある病気です。

個人の感染予防と蔓延防止のため、麻しんの抗体検査及びワクチン接種の費用を一部助成します。

1.抗体検査

 対象者

検査時点で、みよし市に住民登録があり、以下の1~3全てに該当する人

 1. 1歳以上の人(ただし、予防接種法に基づく定期予防接種対象者を除く)

 2. 麻しんの既往歴がない人

 3. 過去に2回以上の麻しん予防接種(麻しん風しん混合ワクチンまたは麻しんワクチン)歴がない人

 助成金額

2,650円

 ※自己負担額は、医療機関が設定した金額から市の助成金額を差し引いた金額となります。

  検査費用が助成金額に満たない場合は、検査費用を上限とします。

 助成回数

1回

 実施期間

平成30年9月1日から平成31年3月31日 

2.ワクチン接種

対象者

接種時点で、みよし市に住民登録があり、抗体検査対象者1~3全てに該当する人

 ※原則、ワクチン接種前に抗体価を測定(抗体検査)し、接種の必要性を確認したうえで、ワクチン接種を実施します。

ワクチンの種類・助成金額

A  麻しん風しん混合ワクチン:5,000円   B  麻しんワクチン:3,000円

 ※自己負担額は、医療機関が設定した金額から市の助成金額を差し引いた金額となります。

  接種費用が助成金額に満たない場合は、接種費用を上限とします。

注意事項

・抗体検査とワクチン接種は、原則として同一医療機関で実施します。

・過去の抗体検査結果により、明確に抗体が十分でないと確認できた場合もワクチン接種の助成を受けることができます。

 この場合は、お手持ちの抗体検査結果を医療機関にお持ちください。

・女性はあらかじめ約1か月間避妊したのち、妊娠していないことを確認し、ワクチン接種後約2か月間は妊娠しないように注意してください。

助成回数

1回

実施期間

平成30年9月1日から平成31年3月31日まで

3.申し込み及び実施場所

申し込み

みよし市委託医療機関窓口で申請書を記入の上、実施(予約は医療機関に直接)。

【みよし市麻しん対策事業費用助成申請書 平成30年度(9月1日~)】(PDF:156KB)←申請書の様式はこちらからでもダウンロードできます。

実施場所

麻しん対策事業 実施医療機関(9月1日~)(PDF:110KB)←クリックすると詳細を見ることができます。

4.その他

予防接種による健康被害救済制度

 予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。

 この予防接種は、任意(希望者のみ)の予防接種のため、重大な健康被害が生じた場合、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく補償となります。

お知らせ

平成27年10月30日付けで厚生労働省から「乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチンの製造販売会社による自主回収への対応について」の連絡がありました。北里第一三共ワクチン株式会社が製造する該当ワクチン製剤の力価が有効期間内に承認規格を下回る可能性があるため、自主回収される見込みであるとのことです。なお、ワクチンを有効期限内に接種している場合には、十分な有効性が示されており、安全性についても特段の懸念は生じないこと、が示されております。しかしながら、平成27年1月8日以降に「北里第一三共」のワクチンで予防接種を受けている人で、ご心配な点がある人は、健康推進課までご連絡ください。

 

回収対象製品            平成27年10月29日現在

品名 製造番号

はしか風しん混合生ワクチン

「北里第一三共」

HF053A

HF054A

HF055A

HF056A

HF058A

HF059A

はしか生ワクチン

「北里第一三共」

MF005A

MF006A

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る