みよし市ホームページ > 健康・福祉 > 高齢者用肺炎球菌ワクチン

最終更新日:2018年10月31日

ここから本文です。

高齢者用肺炎球菌ワクチン

対象

1.または2.に該当し、過去に肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがない人、過去に一度でも接種したことがある人は対象外です。

※自費で接種した任意の予防接種も含みますのでご注意ください。

  1. 平成30年度中に満65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳を迎える人。
  2. 満60から64歳で心臓・腎臓若しくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する人
    ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人(障がいの程度が身体障がい者手帳1級程度の人)

2.の対象者については事前手続きが必要。医師の診断書または身体障がい者手帳を持参の上、健康推進課(保健センター内)へお越しください。

対象ワクチン

肺炎球菌ワクチン(23価)

接種期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

自己負担金

2,000円(接種当日に医療機関の窓口でお支払いください。)

※生活保護受給世帯の人または中国残留邦人支援給付制度に該当する人は無料です。

実施場所

高齢者用肺炎球菌ワクチン実施医療機関(PDF:194KB)←クリックすると詳細を見ることができます。

通知時期

平成30年4月上旬頃

注意事項

市外へ転出された場合

市外に転出された人は、みよし市の接種券が使用できません。転出先の市町村へお尋ねください。

市が契約しているみよし市・豊田市の医療機関以外での接種を希望される場合

事前申請により、かかりつけ医・入所している施設・入院している医療機関での接種が可能となることがあります。

接種券が届きましたら、その接種券を持参の上、健康推進課(保健センター)へお越しください。

60歳から64歳までの年齢において対象となる場合

高齢者肺炎球菌ワクチンは原則65歳以上の方が対象です。

ただし、下記の状態の方については満60歳から64歳までの方において対象となります。

  • 心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する人
  • ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度を有する人

接種券の発行を希望される場合は、医師の診断書または身体障がい者手帳(障がいの程度が身体障がい者1級程度の人)を持参の上、健康推進課(保健センター)へお越しください。

生活保護世帯または中国残留邦人支援給付制度に該当する場合

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種を無料で受けることができます。

接種の際は、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種接種券(無料)をご持参ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る