• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > 予防接種 > 予防接種ガイド

最終更新日:2017年3月30日

ここから本文です。

 予防接種ガイド

 個別通知の時期

定期予防接種(医療機関方式)

予防接種名 対象者 接種できる時期 通知される時期
B型肝炎 1歳未満まで(ただし、平成28年4月1日生まれ以降の人) 1歳未満まで 生後1か月頃

ヒブ

生後2か月から5歳未満まで 生後2か月から5歳未満まで 生後1か月頃
小児用肺炎球菌 生後2か月から5歳未満まで 生後2か月から5歳未満まで 生後1か月頃
4種混合 生後3か月から7歳6か月未満まで 生後3か月から7歳6か月未満まで 生後1か月頃
3種混合 7歳6か月未満まで 7歳6か月未満まで -
ポリオ 7歳6か月未満まで 7歳6か月未満まで -
BCG 生後3か月から1歳未満まで 生後3か月から1歳未満まで 生後1か月頃
水痘 1歳から3歳未満 1歳から3歳未満まで 生後1か月頃
麻しん風しん混合(MR)第1期 1歳から2歳未満まで 1歳から2歳未満まで 生後1か月頃
麻しん風しん混合(MR)第2期 平成23年4月2日から平成24年4月1日生れまで 通知から平成30年3月31日まで 平成29年4月
日本脳炎第1期 3歳から7歳6か月未満まで 3歳から7歳6か月未満まで 3歳頃
日本脳炎第1期特例

7歳6か月から20歳未満で1期3回が済んでいない人

(平成19年4月1日以前の生まれの人)

7歳6か月から20歳未満まで(注1)

-(注2)

日本脳炎第2期

9歳から13歳未満まで

9歳から13歳未満まで

9歳頃-(注3)

日本脳炎第2期特例

13歳から20歳未満まで

(平成19年4月1日以前の生まれの人)

 

13歳から20歳未満まで(注1) -(注4)
2種混合 11歳から13歳未満まで 11歳から13歳未満まで 11歳頃
子宮頸がん予防ワクチン 中学1年生(13歳相当)から高校1年生(16歳相当)までの女子 高校1年生(16歳相当)に属する年度の末まで

積極的勧奨(個人通知)は差し控えています。接種を希望される人はお問い合わせください。

インフルエンザ 昭和27年12月31日生れまで

平成29年10月15日から平成30年1月31日まで

平成29年10月通知
高齢者用肺炎球菌ワクチン

今年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人(注5)

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで 平成29年4月通知

(注1)平成17年度から平成21年度にかけて積極的勧奨の差し控えにより日本脳炎予防接種の接種の機会を逃したお子さんについて、20歳未満まで接種ができます。平成19年4月1日までの生まれで、1期3回と2期1回の計4回の接種がお済みでないお子さんは、残りの回数を接種することができます。また、平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれで9歳から13歳未満までのお子さんに関しては、日本脳炎第1期を特例で接種することができます。詳しくは、日本脳炎予防接種についてのページをご覧ください。

(注2)平成23年度に9歳になるお子さん、平成24年度に7歳6か月になるお子さんについて日本脳炎第1期(3回分)の残りの回数分の積極的勧奨を再開しました。詳しくは日本脳炎第1期特例のページをご覧ください。

(注3)平成26年7月に積極的勧奨を一部再開し、平成14年4月2日から平成17年4月1日生まれまでの人に日本脳炎第2期接種券を発送しました。

(注4)平成26年7月に積極的勧奨を一部再開し、平成12年4月2日から平成13年4月1日生まれまでの人に日本脳炎第2期特例接種券を発送しました。

そのほかのお子さんで接種を希望される方には接種券の発行をしますので、母子健康手帳または予防接種の記録の分かるものをご持参の上、健康推進課(保健センター内)におこしください。

(注5)過去に高齢者用肺炎球菌ワクチン(23価)を接種した事がない方が対象です。

 接種間隔のルール

予防接種を受けるときには、ワクチンによって接種間隔が違いますので注意してください。

なお、同じワクチンを接種する場合は、さらに接種間隔に違うルールがありますのでご注意ください。

詳細はこちら→B型肝炎ヒブ小児用肺炎球菌4種混合3種混合ポリオ水痘日本脳炎第1期子宮頸がん予防ワクチン

生ワクチン接種から、27日(4週間)以上あける

生ワクチンとは、BCG、麻しん風しん混合(MR)、水痘のことです。

(任意接種では、おたふくなど)

不活化ワクチン接種から、6日(1週間)以上あける

不活化ワクチンとは、B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、4種混合、ポリオ、3種混合、2種混合、日本脳炎、子宮頸がん予防ワクチン、インフルエンザのことです。

 接種時の持ち物

  • 母子健康手帳(日本脳炎第2期、日本脳炎第1期特例、日本脳炎第2期特例、子宮頸がん予防ワクチン、二種混合はなくても可能)
  • 接種券
  • 健康保険証

 転入したとき

  • 新たに接種券を発行します。母子健康手帳または予防接種の記録の分かるものと前住所地でもらった接種券や予診票をお持ちになり、健康推進課(保健センター内)へおこしください。なお、2種混合、子宮頸がん予防ワクチンの対象の方は、母子健康手帳がなくても発行いたします。

 接種券や予診票を紛失したとき

  • 再発行をいたします。母子健康手帳または予防接種の記録の分かるものをお持ちになり、健康推進課(保健センター内)へおこしください。なお、2種混合、子宮頸がん予防ワクチンの対象の方は母子健康手帳がなくても発行いたします。

 母子健康手帳が見当たらないとき

  • 母子健康手帳がなくても接種ができる予防接種は、2種混合、子宮頸がん予防ワクチンです。これら以外の予防接種には、母子健康手帳が必要ですので健康推進課(保健センター内)へお問い合わせください。

 すでに海外や前住所地で接種が済んでいるとき

  • 個別通知が届いたが、すでに海外や前住所地で接種が済んでいるときは、一度健康推進課(保健センター内)に接種済みであることをお知らせください。

 

 

上へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る