• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > 熱中症にお気をつけください

最終更新日:2016年8月8日

ここから本文です。

熱中症にお気をつけください

熱中症にご注意を!

夏を元気に過ごし、楽しい思い出をたくさん作るために、この時期に注意しなければならない「熱中症」についてご紹介します。

熱中症対策をして、元気に夏を乗り切りましょう。

熱中症とは・・・

熱中症は、高温多湿な環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かなかったりすることにより、体内に熱がたまって体温上昇、めまい、吐き気、ひどい時はけいれんや意識の異常などが起こる病気のことです。熱中症は屋外で活動しているときだけでなく、室内で何もしていなくても発症することがあるので、注意が必要です。また、熱中症になる人のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。

熱中症を防ぐために・・・

熱中症を防ぐためには「水分と塩分の補給」「暑さを避ける」ことが大切です。

〇水分と塩分の補給

こまめな水分・塩分補給をしましょう!(のどが渇いていなくても水分補給を)

※塩分補給は、1リットルの水に1グラムから2グラムの食塩を入れた食塩水かスポーツドリンクが有効です(体重70キログラムの人は、1日の間に尿や呼吸や汗などで水分が2.5リットルは失われていると言われています)

〇体調管理

こまめに体温測定をし、通気・吸湿・速乾性のある衣服を着用しましょう!

〇熱中症になりにくい室内環境

扇風機やエアコンを上手に使って、快適な室内環境を作りましょう!

〇外出時の準備

日傘や帽子を着用して、長時間屋外にいる場合は、日陰を利用しましょう!

熱中症にかかってしまったら・・・

◎涼しい場所へ避難する

暑い場所を避けて、涼しい場所へ移動しましょう

◎衣服を脱がせ、体を冷やす

衣服を緩めたり、脱がせたりしてから体を冷やしましょう(氷枕や冷却シートがある場合には、首や脇の下、太ももの付け根に当てて冷やすとより効果的です)

◎水分・塩分を補給する

水やお茶、スポーツ飲料などで水分と塩分を補給しましょう(※自力で水分補給ができない場合や、意識がない状態のときには、すぐに救急車を呼びましょう)

 

参考情報

○熱中症の予防についてhttp://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/netyuusyou/1.html(愛知県ホームページより)

○熱中症情報http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html(総務省消防庁ホームページより)

○熱中症対策リーフレットhttp://www.fdma.go.jp/html/data/tuchi2705/pdf/270501-1.pdf(総務省消防庁ホームページより)

○外国人向けの熱中症対策についてhttp://www.fdma.go.jp/html/new/kyuukyuusya_riyou_guide.pdf(総務省消防庁ホームページより)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

よくある質問

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る