みよし市ホームページ > 子ども医療費助成を拡大します

最終更新日:2020年3月10日

ここから本文です。

子ども医療費助成を拡大しました(高校生相当年齢の入院)

 令和2年2月26日時点でみよし市の子ども医療受給者である15歳の年度末到達者に対し、ご案内を送付しました。

対象者

  高校生相当年齢でみよし市に住所があり健康保険の加入者である者

 配偶者のある者や就労者も含み所得制限はありません。また、18歳の年度末を超えて高校に在学していても受給の対象とはなりません。

※令和2年4月1日対象者は平成14年4月2日から平成17年4月1日生まれの方です。

 助成対象

入院(医療保険適用後の自己負担分)に限ります。また、食事代や差額ベッド代等は対象にはなりません。ただし、医療保険適用後の自己負担分が高額になる場合は自己負担分すべてが市の助成対象とならない場合があります。

 

〈医療保険適用医療費10割〉※黄色部分保険給付、青色部分市助成

 ①高額療養費等該当ない場合の福祉医療助成部分は自己負担(3割)になります。

      健康保険給付(7割)    自己負担(3割)

 

 ②高額療養費等該当ある場合の福祉医療助成部分は自己負担(3割)ではなく※の部分となります。

   健康保険給付(7割) 高額療養費等

 

詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:58KB)

 

 

                                       

 

 

助成方法

 

中学生までの様に受給者証は発行しません。医療機関で自己負担を支払後に下記の書類をお持ちいただき保険年金課で申請をしてください。

持ち物

健康保険証、領収書(診療点数表示のない場合は明細書も)、認印、振込先口座の分かる通帳等、健康保険組合からの支給不支給等のわかる書類

健康保険組合から支給不支給等のわかる書類が届かない場合はこちらを使用してください。 (PDF:101KB)健康保険組合に記載してもらってください。

 

 

既に他の医療受給者証をお持ちの方について

既に他の医療受給者証をお持ちの方については、そちらが優先されます。ただし、精神障がい者医療受給者のうち黄緑色の受給者証をお持ちの方については、上記手続きをいただくことで、精神障がい者医療(黄緑色)で助成されない精神に関するご病気以外の入院を助成することができます。

 

 

その他

 申請後お支払までに数ヶ月かかることがあります。

詳しくは子ども医療助成拡大(PDF:97KB)についてをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:福祉部保険年金課  

電話:0561-32-8016

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:hokennenkin@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る